金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

永谷園さん、ありがとう!

  1. 2017/05/21(日) 16:20:16_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一昨日は日本児童文芸家協会の総会・懇親会の日。
 
 18618058_1331226336964128_437028515_o.png

実はこの日、カナジは朝からヘタレていました。
(ま、よくある仕事上のことです)

ヘタレたまま四つの会議と懇親会をかけまわり、
家にたどり着くと玄関でのびてしまった。
でも、慰めてくれる天使の手があったのです。
当たったあ~~~!
歌川広重の「東海道五十三次カード」、フルセット。

  DSC_1013.jpg

永谷園のお茶漬け海苔のパッケージについている応募券を集めて
送ったのです。
実は、三回目の応募。
こんなにお茶漬け海苔がたまってしもたわ。

       DSC_0949.jpg



この懸賞、わたしが子どもの頃にもやっていて、
小学生のときクラスの男子が当てて、自慢げに学校に持ってきていました。
当時、浮世絵にはたいして興味がなかったはずなのに、
めっちゃうらやましかったのをおぼえています。
ああ~。大人っていいなあ。お茶漬海苔を自由に買えるっていいなあ。

こちらは、水木しげる翁・絵の「妖怪道五十三次」。一筆箋です。

 DSC_1112.jpg

オリジナルはこっち。
          DSC_1015.jpg

広重といえば、普通は初代をさしますが、
二代目もいるんです。
二代目広重は、その絵が明治期にヨーロッパに輸出する茶箱のラベルに使用されたため、
「茶箱広重」と呼ばれました。
そんな絵師を描いたコミック、『茶箱広重』

61lRYaqZmWL__SX352_BO1,204,203,200_

天才漫画家、一ノ関圭氏の見事な作品です。


通りすがりのアニマル・セラピー

  1. 2017/05/14(日) 13:18:49_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
連休が明けたこの季節になると、思い出す風景がある。
速足で歩く数頭のサラブレッドの、上下する頭部だ。
数十年前の記憶である。

わたしは社会人一年目。
満員電車に押し込められ、会社で必死に仕事をおぼえ、
一か月たってようやく連休となり、たっぷり遊び、無情にも休みが終わった。
「学生時代に戻りたいよ~」、一番精神的に辛い時期だったかもしれない。

当時わたしは、高田馬場に配属されていた。
一刻も早く山手線のラッシュから解放されたくて、
一つ手前の目白で降りてみた。
学習院大学のキャンパス沿いの道は、文句なしに気持ちよかった。
そして――馬術部があるのだろう、
へいの向こうに、お馬さんの頭が見えた。
美しい大きな生き物は、崇高だった。
つやつや光る横顔が、
緊張し疲れていたわたしをほぐし、新鮮な空気を注いでくれた。
通りすがりの、きわめて優秀なセラピーアニマルだったのだ。

だから、あかりちゃんの気持ちはよーくわかる。
『あかりちゃんのつうがくろ』
うるしばらともよし・文 よしだるみ・絵 垣内出版 刊

あかり


小学校に入学するのは、不安がいっぱい。
でも、羽村市のあかりちゃんの学校の通学路は、素敵です。
動物園のなかを通りぬけて学校へいっていいのです。
あかりちゃんは、どうぶつたちにあいさつしながら、
元気に学校に通うようになります。
いいなあ! こんな通学路、わたしも歩きたいなあ。

動物園にまつわる物語をご紹介。
『おりの中の秘密』シーン・ウィリス 著 あすなろ書房 刊 2005年

51Y3STZR8ML__SX336_BO1,204,203,200_


トムは、耳は聞こえる、頭もちゃんと働く。でも、話せない。
ことばを話さないものたちといっしょにいたくて、トムは動物園に通います。
ゴリラのザンジと心通わせるうちに、ザンジの危機を知ったトムは、
思い切った行動に出ます。それは、あまりにも危険な賭け――。
これは、ファンタジーかメルヘン?
それとも、現実? 
不思議なリアルさが、脳をおかしな具合に刺激してきます。

『グリーン・ノウのお客さま』ルーシー・ボストン 著  評論社 刊

617UTpHqTqL__SX333_BO1,204,203,200_

古典名作、『グリーン・ノウ』シリーズの4作目。
このシリーズは、グリーン・ノウというお屋敷にまつわるファンタジーですが、
この巻は異色。
故郷の密林を夢見て動物園から脱出してきたゴリラと、
この屋敷に滞在する難民の少年との魂のふれあいを描き、
深い感動を呼びます。

ゴリラ×2になってしまった。
ハイ、わたしゴリラ大好きなんです。



神様のハグを

  1. 2017/05/06(土) 16:50:25_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
欧米の習慣にあこがれる年頃はとうに過ぎているが、
うらやましいと思うものがある。
ハグだ。
心のこもったハグを、さりげなくやれたらいいなと思う。

だれかを抱きしめる。抱きしめられる。
ハグとはちょっと違うけれども、
親であれば、我が子を日に何度も抱く。
しかし、成長とともに時間も回数も減っていき、
ハグの習慣のない日本では、
子どもを抱きしめる「最後の日」もやってくる。

わたしが最後に息子たちを抱きしめたときのことは、
よく覚えている。
こちっとした肩の固さと細さを、
若葉が育つときの匂いと熱を、
五感で覚えている。
こんなことさせてくれるのは、
もしかしたらこれで最後かもしれないと思ったから。
そして、その通りになったから。

何歳のときで、どんなシチュエーションだったか。それは内緒。
時々思い出して楽しむ、とっておきのオヤツだもの。

昨日、我が家の次男の結婚式だった。
 
            DSC_1037.jpg
庭園内を神殿へ
お父様と
(エスコートしているのは、お父様)
 
披露宴が終わり、上気した息子を、
できるならハグしたかった。
そして、生涯の伴侶となった匂い立つように美しいAちゃんを、
ありがとうの思いをこめてハグしたかった。

若夫婦よ、幸多かれ。
世界中のあらゆる神様が君たちをハグしてくれるよう、祈ろう。.



楽しんで、上野散歩!

  1. 2017/04/30(日) 14:26:11_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本最大の児童書の祭典、「上野の森 親子フェスタ」が、
5月3日~5日、上野公園で開かれます。
五万冊の児童書を読者謝恩価格で販売、講演会や対談も随時開催。
わたしの所属する日本児童文芸家協会では、
4日に15名の作家さんによるサインセールや読み語りを行います。
五月の青空の下で、子どもの本三昧の一日を、お楽しみください。

  ueno2017_name720_20170425223829672.png


さて、上野公園周辺には、注目のスポットや穴場もたーくさんあります。
わたしが好きな「上野」をちらっとご紹介。

まず、JR上野駅の地下ホーム(13番~16番線)。
上野始発・終着の在来線のホームです。
ここは、東北新幹線ができるまでは、
東北の玄関口といわれたホームです。
ちょうど、NHK朝ドラ「ひよっこ」でも出てきましたが、
東北方面の若者の集団就職列車が着くホームでした。

始発・終点ホームだから、はじっこがあります。

DSC_1026.jpg

わたし、プチ乗り鉄でして、この場所大好きなんですわ。

地下ホームの入り口付近にあるのは、石川啄木の歌碑。

DSC_1020.jpg

「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」
この「停車場」とは、上野駅のことです。

公園口に出てすぐ、東京文化会館があります。
クラシックの殿堂、コンサートやバレエ・オペラ公演が毎日のように開かれています。
ホール内やロビーは重厚でクラシカル。

DSC_0504.jpg

ホール内に入れなくても、ロビーやギフトショップをのぞくだけで楽しいですよ。
五線譜のついたグッズやオルゴールなど、音楽関連のグッズがあります。

公園内には十を請える美術館、博物館が
わたしが好きなのは、国立科学博物館。
常設展の、こんな動物たちをぼんやりながめているだけでも、
人間も動物の一種にすぎないんよなあと、心がひろびろ~とします。(写真、OKでした)

画像 002 (2)

ツノのある動物が好き。

            画像 012

それにしても、ツノに囲まれると癒されるって・・・?

上野散歩、どうぞ楽しんでください。



春、そして皮

  1. 2017/04/23(日) 14:26:30_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春といえば、筍? 蛍烏賊? タラの芽や蕗の薹?
わたしはだんぜん、新じゃがです。

毎年この季節に作るのは、細切り肉じゃが。
皮つきのまま太めの千切りにした新じゃがを、熱湯でさっと湯がきザルに上げておきます。
中華鍋で豚バラ肉の細切りと生姜を炒め、
酒、みりん、醤油を入れて煮立ったところへ、先ほどの新じゃがを入れて、
ざっくざっくまぜながら味をしみこませます。
青葱(うちでは根深葱の青いところですが)の細切りを加え、
新じゃがのしゃきしゃきの歯ごたえが活きているうちに火を止めます。

DSC_0992.jpg

写真ではおいしそうに見えませんが、おいしいんです。

コンビーフと新じゃがの簡単ピラフ
皮つきのまま大き目の角切りにした新じゃがと、
コンビーフ、それに塩を適当に入れて炊飯器で炊くだけ。
新じゃがが、べちゃっとならないように、思いっきり大きく切ることと、
炊飯器の快速炊きコースで短時間に炊くのがコツ。

DSC_1011.jpg

写真ではおいしそうに見えませんが(以下同文)

どっちも皮がいい仕事をしてくれます。
ちょっと土くさい香がたまりません。新じゃがならでは。

皮といえば、鮭の皮はおいしいよね。
おひとり様女子の酒飲みコミック、『ワカコ酒』にも
鮭の皮がでてきます。隣客が焼き鮭の皮を侮るのにむすっとしたり、
鮭の皮だけの揚げ物(100円!)にほっこりしたり。

『ワカコ酒』新久千瑛・著 徳間書店

51glNjKxOQL__SX350_BO1,204,203,200_


鱈子を料理に使うとき、中身をしごきだしたあとの
ピラピラの薄皮もおいしいよね。まな板の前でそのままぺろん。
これだけは、料理する人の職権ですな(なんとささやか・・・)。

大根の皮の醤油漬けや、オレンジピールやレモンピールもおいしいよね。
知人から、庭でとれた大きなレモンをいただいたので、
レモンピールの砂糖煮を作り、チョコがけしました。

DSC_1017.jpg

写真では・・・(以下同文)

外界から身を守るためのマントだもの、
薄くてもしわんでも、皮には味や栄養がぎゅっと詰まっています。

わたしの面の皮はどうだろう。いい味出せるといいな。




<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR