金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

『知里幸恵物語』、出ました!

  1. 2016/05/29(日) 13:17:08_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
26日は、日本児童文芸家協会の、総会、贈呈式、懇親会でした。
総会の前にも、会議と交流会がありました。
一年で一番長い日は、無事に、にぎやかに楽しく終了しました。
                2016 懇親会


深夜帰宅したら、おお、印刷したてのわたしの著書がどんと届いてました。
『知里幸恵物語 アイヌの「物語」を命がけで伝えた人』
PHP研究所からです。

 幸恵


「知里幸恵」は大正時代、アイヌ人として初めて、
アイヌの詩物語「ユカ」を日本語に訳した女性です。
「銀のしずく降る降るまわりに……」、聞いたことありますでしょうか?
それが、知里幸恵が訳したカムイユカ「梟の神の自ら歌った謡」の出だしの詩句です。
 幸恵の生涯を追っているあいだは、
心が震えるような喜びと悲しみに浸れたひと時でした。
でも、アイヌの歴史や文化についての記述は難しくて、
いやもう、編集者さんや監修協力の先生に、
めっちゃご苦労をおかけしました。
はひ~、なんとか出版にこぎつけました~。
それにしても、あの高名な金田一京助博士が、
「語学の天才」と絶賛したのが、知里幸恵さん。
その才媛のことを、わたしなんかが書いちゃっていいのだろうか・・・?(今さらなにいうか)

勉強のために、アイヌのお料理教室にも行ったこともあります。
鹿肉の煮込みとか、イクラどっさりポテサラとか、
じゅるる~、そりゃもう、おいしかった!



偉人伝、変人伝

  1. 2016/03/13(日) 11:52:02_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
伝記の本が出版になった。
国松俊英先生の編・著による、「みんなに贈りたい伝記」PHP研究所。
本編30名、巻末コラム30名の「世界を変えた人々」が登場している。

        61BbjMJcPUL__SX408_BO1,204,203,200__convert_20160313114956


わたしが担当したのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、モーツァルト、
マリー・キュリー、二宮金次郎。
どの人物についても、調べていくと、へえ~~!という驚きが見つかる。

レオナルドって、古今東西から天才と認められているのに、
残した絵画はたった十五作!
モーツァルトって、天から音楽が降りてきたのを
らくらくと書き留めるようなイメージ、でも実はものすごい勉強家!
二宮金次郎って薪を背負って山道を歩きながら
本を読んでいたわけではない!
(ときどき本を取り出して目を走らせ、そらんじていた程度か?)
マリー・キュリーって地味~で研究ひとすじの人、でもスポーツ好きで車の運転もしていた!

このなかで、太鼓判の「いい人」は、二宮金次郎とマリー・キュリーだ。
どちらも驕ることのない努力家。
レオナルドはイケメンで、オタク気質ながらチャラ男の部分があったかも。
そして、モーツァルトは変人だ。
彼のセリフには、ちょこちょこ「あはは~」とかいれて、ちょいアホっぽい雰囲気を出してみた。
変人を書くのって、あはは~、楽しいな~。

りっぱな人の「偉人伝」もいいけれど、
「変人伝」っていうのも、いいんでない? 


「児童文芸」新連載スタート、わわわ、緊張してます

  1. 2016/02/01(月) 20:42:19_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「児童文芸」で、連載の創作物語を書かせていただいています。
今日発売の2、3月号から1年間、6回です。

     51xtFpMhpVL__SX351_BO1,204,203,200__convert_20160201204259

イラストは、山田花菜さん。題字デザインは、吉成誠さん。
「非時香菓 時じくの香の木の実」という、ヘンな名前の物語です。
内容も、たぶんヘンだと思います(おいおい)。

「非時香菓」は古事記の一節に出てくる、由緒正しき木の実。
えらい大きくて重たいものを取りこんでしまったものよ。
うおー、ばりんばりん緊張しています。

さて、前半の舞台は山梨県の山奥。父の故郷です。
父は六五歳の若さで亡くなりました。
そのころ、わたしはまだ子育てに追われていて、
何も書いていませんでした。
もし父が生きていたら、故郷のイメージで物語を書いたことを
喜んでくれるかな?

父の故郷の方言は、ちょっと面白い響きです。
「〇〇〇ずら」という語尾が、静岡などにありますが、
それがこの山村では「〇〇〇るら」になるのです。
父の兄弟姉妹もすでに亡く、従兄弟たちはほぼ標準語。
こんな方言も、だんだん消えていってしまうのでしょうね。
惜しくて、作中の会話に使いました。
なかなかいい感じるらよ~。

数年前に父の故郷を訪問したときに映した、
本栖湖周辺から見た4月の富士山。

177_convert_20160201203502.jpg

静岡側から見るのと、やっぱりちょっと違うかな。



戦争体験の物語に織り込んだこと

  1. 2015/09/13(日) 17:01:35_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日、初めてデモに参加してきた。
もちろん「安保法案反対」のデモだ。

               DSCF6819+(640x480)_convert_20150913164919.jpg

初心者としては、信号停止中のバスの窓から、
客のとぎれた商店の入り口から、横断歩道から、
手を振って声援してくれる人が、少なからずいてくれるのがうれしい。

さて、雑誌「やくしん」で、この一年かかわってきたノンフィクション物語
「未来に伝えたい戦争体験」、わたしの担当分が終了した。

               DSCF6824+(640x480)_convert_20150913165010.jpg

 
深山さくらちゃん、光丘真理ちゃんの3人で、
4回ずつ、一年間の連載だ。
わたしは、「十五歳の予科練生」のほか、
沖縄戦を舞台に「やんばるで飢えと戦った日々」「ガマにかくれた八十日」、
それから「レイテ戦を生きのびて」を執筆した。
レイテ戦は、有名な大敗北のレイテ沖海戦ではなく、
レイテ島の地上戦に出兵させられた元兵士の話だ。
藤本四郎先生が、毎回すばらしい絵をつけてくださった。

いやはや、どれも想像以上に過酷だった。
沖縄戦やレイテ島地上戦は、世界の戦争史上でも、もっとも悲惨といえるだろう。

ノンフィクションだから、具体的な実体験を元に
体験者の思いを最大限汲みあげて構成するのはもちろんだが、
文章量の少ない物語の場合、どのエピソードを取り上げるかは、
執筆者が編集者さんと相談のうえ、決めることになる。

わたしはどの回も、軍は、国は「名もなき人を守らず、使い捨てにする」
「都合のいい情報しか伝えない」ということを織り込んだ。
織り込まずにはいられなかった。

国によって真実の報道をねじまげられたあげくの
あの戦争被害だもの。

70年後の今、またこんな胸がチリチリするような不安を
感じなくてはならないとは。
屁理屈に惑わされないよう、
この現代の情報の大海を泳ぎたいものだ。


伝記物のモチベーション

  1. 2015/07/25(土) 17:38:11_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋冬にかんばって書いていた
伝記物が、今月全巻発売になった。
学研のテーマ別伝記シリーズ全6巻だ。

         DSCF6700+(640x480)_convert_20150725173130.jpg

このシリーズ、取りあげてある「エライ人」の
人選が興味深い。
エジソンやマリー・キュリー(キュリー夫人)、野口英世、坂本龍馬などの、
昔からの「定番」偉人もお出ましになっているが、
澤穂希やサッチャー、ダイアナ妃、デイズニーなどのニューフェイスもいてはる。

わたしは各巻一編ずつ、6話書かせていただいた。
第一回配本の巻の「アインシュタイン」で苦労したことは、
以前に書いたが、
二回目以降は、村岡花子(翻訳家、作家)、
ダイアン・フォッシー(動物学者)、オードリー・ヘップバーン、
平清盛、河合純一(パラリンピック水泳メダリスト)と続く。

何冊もの資料を調べながら書くわけで、
モチベーションを保つのはけっこうたいへんだ。
対象人物への好き嫌いが、ビミョーに影響してしまう。
まあ、嫌いという人物はまずいないけれど、「いい人がどうか」、これが大きい。
児童対象の伝記だから、だいたいにおいて「いい人」なのだが、
ひねくれカナジは、
あんまりいい人すぎると、なんだか萌えない。
今回、実をいうと、オードリー・ヘップバーンがそうだった。
努力家、誠実、家族思い、国際貢献。
あのオチャメな妖精のようなルックスのなかに、
愛と善がみっしりしていて、「ううう、まぶしすぎるう!」

おもしろかったのは、ダイアン・フォッシーだ。
ゴリラの研究で知られる学者だが、強烈な個性の持ち主。
研究者としての業績もさることながら、
ゴリラの密猟者との戦いもすさまじい。
大切なゴリラたちを守るためなら、かなりダーティなことも
厭わなかったようだ。
いわゆる「いい人」では括れないだろう。
ゴリラたちの同士であり、母であり、恋人であったような、ダイアン。
ゴリラたちに囲まれた彼女の写真が残されているが、
涙が出るくらい幸せそう、地上の楽園ということばがぴったりだ。

さて、平成生まれの子どもたちよ。
お気に入りの人を見つけて、大志を抱いてね。



<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR