金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ビブリオバトルがやってきた

  1. 2016/09/25(日) 16:46:03_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 地元図書館のオープンスペースで、
 ビブリオバトルが開催されました。
 わたしはすみっこで見学。

 この日は、京都で行われる全国決戦のための予選会です。 
 バトラーは、上智大学、明治大学、聖学院大学など、
東京、埼玉の大学生五名。
 ルールは、バトラーがおもしろいと思った本を、順に一人5分間で紹介、
その後、その場にいる参加者全員で質疑応答。
バトラー全員の発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を
参加者の挙手により決定。一番票を集めたものが『チャンプ本』で、
次の大会に進出できます。

この日登場した本は、
『世界で一番美しい分子図鑑』セオドア グレイ(創元社)2015

51NaN1HAEZL__AC_US160_.jpg

おお! こんな理系の本もアリなんですね。ほんまにきれいです。

『八王子七色面妖館密室不可能殺人』倉阪鬼一郎 (講談社)2016

51nn9DiAq_L__AC_US160_.jpg

この本は、「バカミステリ」などとカテゴライズされるそうです。
「バカミス」は、ばかばかしいほどの労力をかけ、意外性や娯楽性を追求している本ということで、カナジは初めて知りました。
わ、読んでみたい。

『七十歳死亡法案、可決』垣谷 美雨 (幻冬舎)2015

61awsZldDEL__AC_US160_.jpg

『サクリファイス』近藤史恵(新潮社)2010

41877inPyOL__AC_US160_.jpg

『明日の子供たち』有川浩(幻冬舎)2014

41Ac8ciRuHL__AC_US160_.jpg

学生さんたち、弁舌さわやかに本の魅力をアピールいていました。
それにしても、ネタバレしないように紹介するって、たいへんです。
また、参加者の多くがすでに読んでしまったようなメジャーな本を持ってくると、
「読んでみたい」の票を集められません。
 参加者の年齢層や地域性も考えて、紹介する本を決めるという、
かなりハイレベルな戦略が必要でしょう。

この日は、「明日の子どもたち」がチャンプ本として選ばれました。
バトラーの聖学院大学の学生さん、おめでとうございます。

バトルとは似合わないと思われていた文学の世界ですが、
このところ、こういったイベントが増えてきました。
俳句甲子園や、テレビの「プレバト‼」の俳句の査定バトルなどなど。
文字で、文章で遊ぶのって、楽しいですよね。



西洋館には絵本が似合います

  1. 2016/08/01(月) 15:46:06_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
7月29日から31日3日間、
横浜市の山手西洋館七館で、今年も「絵本フェスティバル」が開催されました。
わたしが所属する日本児童文芸家協会は、「ベーリックホール」を会場に参加協力、
絵本とお花と笑顔いっぱいの三日間でした。

わたしは31日(日)に、日本児童文芸家協会のへっぽこ広報委員として、
カメラ片手に訪れました。
イベント風景は、日本児童文芸家協会のホームページにアップされていますので、
そちらをご覧ください。

横浜の西洋館は、開港したときの外国人居留地にあり、
大正から昭和初期にかけて外国人の邸宅として使われていました。
どこもみな美しく、でも絢爛豪華すぎずにシンプル、子ども部屋などはかわいらしく、
当時の外交官たちの生活の一端がしのばれます。

    DSC_0483_convert_20160801152557.jpg

こんな家に住んでみたいなあ・・・昭和の少女マンガの「お嬢さま」が住まう、
あこがれの世界です。

             DSC_0496_convert_20160801152925.jpg


毎回、フラワーコーディネイトをしてくださるのは、「うふくらぶ」のみなさん。
この作品は、壁の青色を生かして、
空と風船の白雲とひまわりで、見事に「夏」を表現しています。

             DSC_0495_convert_20160801152834.jpg


「うふくらぶ」のみなさんが、毎日通って、こうして手入れをしてくださるおかげで、
真夏でも、三日間お花が生き生き。
     
            DSC_0490_convert_20160801153012.jpg


西洋館には、絵本がよく似合います。絵本フェスティバルを企画した、
「横浜市緑の協会」さん、目のつけどころがイイ!

ちょっと想像してみてください。
典雅な伝統的日本家屋に絵本がどっさりあるところを。
あるいは、現代建築の粋を集めた近未来みたいな建物に絵本があるところを。

やっぱり、一番似合うのは西洋館だよね~?
「子ども部屋の文化」は、ヨーロッパからやってきたものでしょうから、
相性がいいのもうなずけます。

大人と子どもがいっしょに絵本に読みふけっている風景って、
なんて麗しい・・・。平和って、こういうのをいうんですね。
   
                  p7319683.jpg
       
 


ちょっとおしゃれな絵本のイベントです

  1. 2016/07/03(日) 20:50:29_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本児童文芸家協会のイベントをご紹介します。

7月の暑い盛りですが、横浜の海風に吹かれて、絵本の世界で
いい一日を過ごしてみては。

会場は、歴史ある西洋館、ベーリックホール。
ちょっとおしゃれな夏休みをどうぞ!
________________________________________
●「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル」
________________________________________
毎年夏に開催される「横浜山手西洋館 絵本フェスティバル」に今年も参加します。
■日時:2016年7月29日(金)〜31日(日) 
■会場:横浜山手西洋館 べーリックホール

7dd5ee5e742b00d995d3cff7f05204f2c3adae14-thumb-480xauto-5293_convert_20160702143205.jpg

■イベント内容:
◎童話・絵本作家による読み語り(絵本・大型絵本・紙芝居)
◎作家自身の読み語りとおしゃべり
 「へびのかんごふさん と ざぼんじいさんの部屋へようこそ。」
◎みんな、あつまれ! キッズブックらいぶ
 作家による人形劇「ライオンのオーレ」 読み語り、えかきうた等
◎ワークショップ「かんたん、びっくり とびだす絵本をつくろう!」
◎詩のお部屋:詩集の展示 言葉をつなげてみんなで詩を作ろう
◎絵本・大型絵本 紙芝居 童話の展示(300冊)
◎フラワーコーディネート「えほんとこども」

イベントの日時など、くわしくはこちらをご覧ください


二つの「童話塾」、どっちもおすすめです!

  1. 2016/06/26(日) 19:18:10_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本児童文芸家協会主催の「童話塾」、東北と関西で開催されます。

img20160603212345828618.jpg



img20160607001528385586.jpg

どちらも受付中! お申込みはお急ぎください!

児童書のお祭だ!

  1. 2016/05/08(日) 15:41:59_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5月3日から5日、心うきうきの大型連休中の上野は、
親子さんがた~くさん!
「上野の森 親子フェスタ」です。
動物園や博物館、美術館にも負けない人出でした。

絵本、児童書など約5万冊の本を、読者謝恩価格(2割引)で販売、
そのほかにも、講演会や読みきかせやおはなし会もいっぱい!
噴水前広場には、出版社のテントがぎっしり集い、
そのなかに今回から著作者団体のテントもありました。
3日は、日本児童出版美術家連盟(童美連)、5日は日本児童文学者協会、
そして4日がわが日本児童文芸家協会が出展しました。

DSC_0323_convert_20160508152514.jpg

当協会のHPもごらんください。
テントでは、会員の絵本や児童書を販売し、
特典はその場での作者のサインと、作者本人による読み語り。

DSC_0326_convert_20160508152726.jpg

とはいっても、わいわい行き過ぎるお客さまがた、
われわれが作者だなんてわかってもらえないよね・・・
というわけで、みんなで、「わたしたちは作家です~~~! サインします~~~!」と
でっかい声で呼ばわりました。
Y先生やARちゃんなんて、ずーーっと声を出しっぱなし。
ホタさんはキンギョやパンダのかぶりものをつけてアピール。

DSC_0329_convert_20160508152917.jpg

足をとめてくれる子どもたち、うれしいなあ。

 ふと目を上げると、
ずらりと地平線のかなたまで並ぶ児童書のテント(あくまでも心象風景です)

DSC_0325_convert_20160508152638.jpg

そのなかを笑顔で行きかう親子さんたち。
ああ、夢のような光景じゃわあ。
子どもの本を好きな人が、こんなにたーくさんいてはるなんて。
バックにずっしりと、何冊もの絵本を買ってくれたパパやママ。
「これもほしいよう」とおねだりする小さい子
(もっとねだって! どんどんねだって!)

おもちゃ売り場も子ども服売り場もいい。
でも、児童書に人が集う風景は格別です。
未来が信じられる気がしてきます。
ここで会う人、みな美しき。



<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR