金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

神話の世界、出雲大社へ

  1. 2015/11/28(土) 17:24:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
古事記っておもしろい。
明治から戦前戦中にかけて国威発揚に都合よく使われていたようだが、
おもしろいものはおもしろい。

古事記の神で一番人気があるのは、天照大御神? ヤマトタケル? スサノオかな?
わたしが好きなのは、大国主命だ。
因幡の白兎で知られる、やさしきヒーロー、
出雲神話の主人公にして、地上の王。
高天原の神に負けて国を譲ったとされるが、譲る条件として
「天に届くような社を建ててくれ」というのがあり、
そこで生まれたのが、出雲大社だ。

で、このあいだ行ってきましたよ。出雲大社。

                       DSC_0064+(640x359)_convert_20151128171221.jpg

う~~ん、好きだなあ、この屋根のカタチ。

         DSC_0071+(640x360)_convert_20151128171128.jpg

もともと仏教のお寺よりも、神社のほうがだんぜん好き。
お寺だと、なんだか叱られる感じがするが(わたしだけか?)、
神社は、乱暴なのや好色なのや、いろんな神サンいてはるから、楽しい。

境内には、うさぎさんがたくさん。

         DSC_0070+(640x359)_convert_20151128171253.jpg

かわいいけど、ここまでうさぎのキャラに頼らなくてもいいんじゃないの?

今の出雲大社本殿は、24メートルの高さだが、
平安時代ごろは神話のとおり「天に届くような高さ」、48メートルだったそうだ。
それを証明できる、三本の大木から成る柱が発掘されたし、古文書に図面もある。
これが、本殿前の地面に示された、そのぶっとい柱が立っていたと思われる位置と大きさ。
 
       DSC_0066+(640x360)_convert_20151128171100.jpg

そのかつての大本殿の模型が、隣接する博物館にあった。
模型でも荘厳だ。本物があったらいいなあ。復元してくれないかしら。

 DSC_0081+(640x360)_convert_20151128171020.jpg

大国主が好きなのは、高天原系ではないこと、
つまり統一国家を打ち立てた側じゃないから、という理由もある。
どうもわたしは、主流・権力者というのが好きではないのだ。
先祖は天邪鬼(アマノジャク)かもね。

それから、少彦名命(スクナビコナノミコト)も好き。
この神さま、大国主さんに協力して出雲の国を作ったそうだ。
名前どおりちっちゃくて、
ガガイモという植物の実をくりぬいた小さな舟に乗ってやってきたって。
かわいい! ちっちゃいもん好きの血が騒ぐ。

日本神話の神さまたち、ギリシャ神話に負けないキャラがいっぱいいてはります。

出雲そばもおいしゅうございました。三種類の薬味で三種の味が楽しめる三色割子そば。

               DSC_0063+(640x359)_convert_20151128171325.jpg



スポンサーサイト


<<さらば、水木先生 | BLOG TOP | 「子どもたちの未来のために」と「子ども創作コンクール」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR