金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ヤマト民族DNA、強し!

  1. 2015/10/25(日) 16:34:25_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
友人から新米をいただいた。
ぴっかぴかの輝き、甘やかな香り、ほんとうにおいしかった。
すると、別の友人から、手作り味噌と手作りふりかけが到来した。
困ったなあ、箸が止まらない。

米とは、なんとありがたい食べ物だろう。

というのは、牛乳・乳製品、卵、小麦粉に
軽いアレルギーが見つかったからだ。
遅延性のアレルギーということで、食べても急激な症状は出ないが、
食べるのは四日に一度くらいに押さえたほうがいいらしい。
もちろん、食べないにこしたことはない。
麺類もパンも卵も乳製品も、すべてひっくるめて四日に一回だ。
牛乳・乳製品は、減らすのはそれほど苦ではない。
もともと牛乳は嫌いだし、卵も、まあ、がまんできる。
粉モンを減らすのは、けっこうツライ。
でも、幸いわたしは部類のご飯好きだ。
毎日せっせとご飯を食べている。

アレルゲンの食品をやめてみたら、
するする~~~っと体が楽になった。
一年中悩まされていた胃腸障害が、半減したのだ。
ご飯を中心とした伝統的な日本食が、とても体に合うらしい。
自分が思う以上に、ワタクシはヤマト民族でありました。
食生活の欧米化が進んでも、脈々と受け継がれてきたDNAは、
おいそれと変りませんな。

手作り味噌、おいしい! さすが、香りが違います。
味噌汁ももちろんおいしいのですが、
おにぎりにつけると、これまたびっくりのおいしさ。
(味噌おにぎりって、にぎったその手のまま、
台所で立ち食いするのがおいしいの。
お皿に移すとお味噌が落ちちゃうもん・・・て、そんなのわたしだけか?)

       DSC_0023_convert_20151025162033.jpg


 ふりかけは、なんと、糠がベースなんですって!
糠に、削り鰹節、胡麻、青のりでしょうか?
糠みそ漬けはやってますが、糠そのものを食べるの、初めてです。
おいしいです~~。聞かなかったら、糠だなんてわかりません。
ビタミンB群たっぷり。
糠はもちろん米の副産物です。稲は偉大ですなあ。

わたしも、ちりめん山椒を手作りしました。
(実山椒のアク抜きが足らずにピリピリしすぎました・・・)

    DSC_0024_convert_20151025162136_convert_20151025163101.jpg
      
焼きおにぎりに入れると最高です。
「深夜食堂」で覚えた味です。
                    5117-u4mGRL__AA160_.jpg
スポンサーサイト


<<子どもたちによる読み語り、いいね! | BLOG TOP | “好き”を伝えるノンフィクション>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR