金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

渋谷の狸に負けずに、童話展を楽しみました

  1. 2014/06/07(土) 22:42:57_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
土砂降りのなか、渋谷のギャラリーに、「書きおろし童話展」を見にいきました。
DSCF5689 (640x480)

出品された作品から、熱意がきゅんきゅん伝わってきます。
みなさん、自分の作品を大切に完成させ、画家さんとともに作り上げ、
晴れのこの日を迎えたのですね。
DSCF5691 (640x480)


「わたしを見て! わたしを読んで!」「わたしと遊んで!」
童話たちの心の声が、雨音よりも強く都心のギャラリーに満ちていました。

 いい出会いがありますように! 
 ……な~んて、おまえさんもがんばらないとだめじゃん!(と自分にダメ出し)

それにしても、方向音痴度MAXの埼玉おばさんにとって、渋谷駅は難関中の難関。
行きはJRで、まだなんとか迷わず行けたのですが(でも駅のインフォメーションのお姉さんに道順聞いた)、
帰りに地下鉄副都心線に乗ろうとしたら、同じような都会の景色、同じような人波のなかを
何度もぐるぐるさまよっていたような……。狸のしわざか? 
そういえば数十年昔の「渋谷村」の時代には、狐狸もたくさんおったよのう。

スポンサーサイト


<<犬たちが育む心 | BLOG TOP | かいぞくゴックン  日本語ゴックン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR