金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

伝記物のモチベーション

  1. 2015/07/25(土) 17:38:11_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋冬にかんばって書いていた
伝記物が、今月全巻発売になった。
学研のテーマ別伝記シリーズ全6巻だ。

         DSCF6700+(640x480)_convert_20150725173130.jpg

このシリーズ、取りあげてある「エライ人」の
人選が興味深い。
エジソンやマリー・キュリー(キュリー夫人)、野口英世、坂本龍馬などの、
昔からの「定番」偉人もお出ましになっているが、
澤穂希やサッチャー、ダイアナ妃、デイズニーなどのニューフェイスもいてはる。

わたしは各巻一編ずつ、6話書かせていただいた。
第一回配本の巻の「アインシュタイン」で苦労したことは、
以前に書いたが、
二回目以降は、村岡花子(翻訳家、作家)、
ダイアン・フォッシー(動物学者)、オードリー・ヘップバーン、
平清盛、河合純一(パラリンピック水泳メダリスト)と続く。

何冊もの資料を調べながら書くわけで、
モチベーションを保つのはけっこうたいへんだ。
対象人物への好き嫌いが、ビミョーに影響してしまう。
まあ、嫌いという人物はまずいないけれど、「いい人がどうか」、これが大きい。
児童対象の伝記だから、だいたいにおいて「いい人」なのだが、
ひねくれカナジは、
あんまりいい人すぎると、なんだか萌えない。
今回、実をいうと、オードリー・ヘップバーンがそうだった。
努力家、誠実、家族思い、国際貢献。
あのオチャメな妖精のようなルックスのなかに、
愛と善がみっしりしていて、「ううう、まぶしすぎるう!」

おもしろかったのは、ダイアン・フォッシーだ。
ゴリラの研究で知られる学者だが、強烈な個性の持ち主。
研究者としての業績もさることながら、
ゴリラの密猟者との戦いもすさまじい。
大切なゴリラたちを守るためなら、かなりダーティなことも
厭わなかったようだ。
いわゆる「いい人」では括れないだろう。
ゴリラたちの同士であり、母であり、恋人であったような、ダイアン。
ゴリラたちに囲まれた彼女の写真が残されているが、
涙が出るくらい幸せそう、地上の楽園ということばがぴったりだ。

さて、平成生まれの子どもたちよ。
お気に入りの人を見つけて、大志を抱いてね。
スポンサーサイト


<<熱帯サイタマ国の夏の作戦 | BLOG TOP | 何度でも語ろう>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR