金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

キメラの一大事②

  1. 2015/07/04(土) 22:00:38_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
愛亀・キメラ嬢、復活しました。

13個もの卵(無精卵)を甲羅内に抱え込んで、
卵詰まりでおなかパンパン、食欲のなかったキメラ、
先週動物病院で注射をしてもらい、12個がその日のうちに出てきた。

しかし、まだ食欲は戻らず、ハラハラしていたのだが、
残る一個を、四日前に自力で産卵。
は~、やれやれ、と思ったのだが、まだ食欲がない。
一口二口しか食べない日々が、もう二か月以上続いている。
おいおい、絶食ダイエットかい? 動きにも、どうもキレがない(亀にもキレはあるのだよ)。

困り果てて、買ってきたのが、レトルトのキャットフード。
実は、亀たちはお刺身やキャットフードが大好きなのだ。
しかし、お刺身でおなかをこわすこともあるし、
キャットフードを食べさせると、
いつもの市販の亀フードを食べなくなるおそれがある。
しかし、非常事態だ、キャットフードで食欲にはずみがつけばいいや。

ところが、その日から、食欲復活。キャットフードは不要になった。
動きにキレが戻った。目力も違う。
シュッとしてキリッとした首の持ち上げ方で、
クリッとしてパチッとした目線でこっちを見てくれる!

もうだいじょうぶとは思ったが、念のため、
動物病院を再診。レントゲンを撮ってもらい、
全身観察してもらった結果、異常ナシでした~。

動物病院へは電車で一時間半、
元気よすぎて、キャリーケースがわりの
ダンボール箱を破壊して身を乗り出し、
それを押さえつけながらの道中でした。

               15-07-04_003+(640x480)_convert_20150704214820.jpg

ちょっと! アタシもうすっかり元気だわよ!
なんでこんなトコに入れられきゃなんないの?

動物病院の受付カウンターにはワニもいました。おもしろいでしょ。

          DSCF6695+(640x480)_convert_20150704214710.jpg

ささき家のハピちゃんも、元気になりますように!

スポンサーサイト


<<どうぶつたちの物語 | BLOG TOP | キメラの一大事>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR