金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

キメラの一大事

  1. 2015/06/27(土) 18:18:30_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
愛亀キメラ嬢の具合が悪い。
産婦人科系の体調不良だ。

キメラは毎年、5月末から6月いっぱいぐらいにかけて、
2,3回、5、6個ずつ卵を産む(無精卵)。
それが今年は一個も産んでいない。
まあ、23歳という高齢だから卵は打ち止めか――と様子を見ていたが、
食欲もない。
食欲がないなら、やっぱり産卵前なのかな。
毎年、甲羅内が卵でいっぱいになって
1か月くらい食べられなくなるのは通常のことだ。
しかし、今年は「産まない、食べない」がもう二か月近く続いている。
さすがに心配になり、「卵詰まり」かと思い当たる。
キメラの左右の後足の付け根をさぐってみると、
あるある! はっきりと卵とわかるふくらみにふれる。

卵詰まりといえば、最高傑作ファンタジー「獣の奏者」(上橋菜穂子・著)だ。
主人公・エリンの母が飼育係を務めていた「闘蛇」が、
卵詰まりで死んでしまう。その咎を負い、母は……。
(これ以上書くとネタバレ)

                   エリン



えらいこっちゃ! 電車を乗り継いで、
爬虫類を見てくれる都内の動物病院へ。
レントゲンを撮ってもらうと、なんと13個もの卵がびっしり、
甲羅の内側にパンパンに詰まっていた。
「子宮収縮剤を注射しましょう」
人間でいえば、陣痛促進剤だな。

注射してもらって3時間、卵が出た。
さすが、医学の進歩はすごい。
しかし、出たのは12個。残り1個が出てこない。
再びレントゲンを見ると、未成熟で通常の半分もない卵だ。
小さいからといって、放っておけるものでもなく、
やはり出してやらないといけない。
そうしないと体内で腐ってしまうこともあるそうだ。

数時間後に出てくることもある、というので、
ひとまず家に連れ帰る。
「一個残っているとはいえ、さっぱりしたでしょー?
もうごはん、食べられるよね?」
例年だと、卵を産んだあとは、狂ったようにバカ喰いするのだ。

ところが、食べてくれない!
それから5日。
卵はまだ出てこないうえ、食欲もない。2口3口しか食べないの。
「困ったねえ、もう一回、お医者さん行かなくちゃね」
キメラは、力なくうなずいた(と見えた)。

           DSCF6693+(640x480)_convert_20150627180808.jpg


さて、20センチを越えた亀を箱に入れての電車旅、
まだまだ続きそうです。

動物病院の診察券って、なんかかわいい。

    DSCF6687+(640x480)_convert_20150627180631.jpg




スポンサーサイト


<<キメラの一大事② | BLOG TOP | 児童文芸家協会のイベント、ぞくぞくと>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR