FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

昭和と令和の学徒動員

  1. 2021/05/30(日) 15:48:11_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
家人は、ナツメロ番組が大好き。
わたしはキライだけど。
(老境にあるかつてのスター歌手が
出ない声と格闘しているのはイタい)
そのナツメロ番組で、
渡辺はま子さんという歌手の映像が流れた。
あれ? この人、ナマで見たことがあるな。
お顔は覚えていないが、お名前に記憶がある。

中学生のときだったと思う。
住んでいた町に市民会館ができて、
開館記念式典に、
市内の中学の生徒が招かれた。
そのゲストが、たしか渡辺はま子さんだった。
当時すでに、ナツメロ歌手という認識だったから、
わたしを含め同級生たちには、
うれしくもなんともなかった。
それでも、聞き覚えのあった「蘇州夜曲」は、
なかなか良かった。

記念式典だから、市長挨拶などの時間のほうが長く、
めっちゃ退屈だったっけ。
でも、授業よりはマシだから、
まあいいか、と思っていたのだろう。

そう、フツーの登校日で、学校から出発したのだった。
ぞろぞろと、30分近く歩いて。
式典に、客席がスカスカだとカッコ悪いので、
参加させられたのだな。
つまり、「学徒動員」だ。

オリンピックについて、
いろいろ意見が飛び交っている。
無観客か? そもそも開催できるのか?
そのなかに、「子どもたちを招待する」という話があるのは
多くの方がご承知のとおり。

児童生徒と引率の教員を合わせて約81万人が
会場で観戦できるという。

しかし、「競技場への移動は電車やバスなど
公共交通機関を使用」だし、
参加しないと、「都立学校においては、休むと欠席扱い」だし、
「スタジアムの最寄駅の利用は禁止で
1駅離れたところから徒歩で」だそうで
(真夏の炎天下だぞ)、
これって、「学徒動員」にほかならないよねえ。
リアル観戦したい子どもたちは喜ぶかもしれないけれど、
引率の先生方のうんざり顔、
ヘトヘトの背中が目に浮かぶ・・・。

子どもたちは、「密を避けよ」とたたき込まれ、
給食は黙食だし、
校庭で遊ぶのもマスクのまま。
それでも、オリンピックは「聖域」。
感染や事故の危険が高くても動員するのね。

学徒動員は、
太平洋戦争を最後にしてほしいなあ。

画像は、コレクションから、文房具シリーズ。

DSC_2464.jpg

 DSC_2466.jpg
 DSC_2470.jpg


お道具箱ののりとかクリップとか、ちいさっ!
ふで箱の中身の鉛筆類は、取り出せるのよ。ちいさっ!
原稿用紙には、ちゃんと作文が書したためてあります。
「私の町の文房具やさん」ですって。ふふふ。

スポンサーサイト





<<ウィンクと投げキッス | BLOG TOP | オンライン、子どもたちは>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR