FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

オンライン、子どもたちは

  1. 2021/05/22(土) 11:06:54_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5月21日、わたしが所属する
日本児童文芸家協会の総会が
開催されました。
コロナ禍の緊急事態宣言下ということで、
当協会初のオンラインによる総会となりました。
無事に終わってよかった~~~! 

久しぶりにお顔を見る方もいらして、
対面だったら「わー、元気でした~~?」などと
キャッキャするところですが、
それが叶わないのが辛いところ。

けれども、地方の方にも
時間や交通費の負担をおかけすることなく
集まれるというメリットは、すんごく大きいですね。
それに、「空気を読む」「以心伝心」
「飲みニケーション」の文化が根深く、
同調圧力もめちゃ強い日本においては、
このリモートの波によって
風通しがよくなるかも。
オンライン会議で意思疎通を図るには、
読み取るのは空気ではなく、明快な言葉ですもんね。

とはいえ、子どもの世界ではちょっと違ってきます。
思いをちゃんと言葉として伝えられないのは、
小さい子には当たり前。
どんな気持ちでいるか、
その子の全身から察してあげることは、
とっても重要でしょう。
逆に、子どもたちは、
大人の表情や言葉のニュアンスを、
想像以上に感じ取っているのでしょうね。

そんなことを考えたのは、
『しんぱいせんせい』北川チハル・作 大野八生・絵
を読んだから。

81SvDnGfx3L__AC_UL320_.jpg


一年生のたつやは、新任の担任の先生と話ができません。
しゃべろうとすると、声が「ひゅ~、どろん」と消えてしまうの。
心配性の先生は、「だいじょうぶかいなあ」が口癖で、
たつやはそれも苦手。
だれかに心配され、常に確認され続けるのは、
実は大人だって息苦しいはす。
たつやは、先生と目があったときに
先生の「まゆげのおしりがおちていく」のもきらい。
先生の表情の裏にあるものを、
感じ取ってしまうのでしょうね。
ほんまは先生と仲良くなりたいのに・・・。

こういう物語を読むと、
やっぱし学校は対面でなくちゃ! と思います。
オンラインでは乗り越えられないことが、
子どもの世界では大人の100倍1000倍はあるんじゃないかな。

コロナ禍の今はやむを得ないときもあるし、
オンラインでむしろ救われる子もいるかもしれない。
でも、会社員のリモートワークじゃないんだから、
定着はしてほしくないなあ。

給食の「鼻から牛乳」の世界は遠く遠くなりました。
早く、マスクなして授業を受けられて、
転げまわって遊べますように。
牛乳は吹かなくていいけどね。


スポンサーサイト





<<昭和と令和の学徒動員 | BLOG TOP | 母の日に、ガシャンの思い出>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR