FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ファンタジー欠乏症につける薬

  1. 2021/05/09(日) 15:55:39_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ファンタジー欠乏症」にみまわれた。
年に数回出てくる症状で、
とにかく不思議に満ちた物語が読みたくて、
うずうずしてくるというやっかいな病だ。
いそいで図書館で本を見つくろった。

『わたしといろんなねこ』
  おくはらゆめ 作・絵 あかね書房

  わたしといろんなねこ (1)

あやは、ねこ好きの小学3年生。
仲よしのアッキーとはケンカをし、
知りあったばかりのさくらちゃんとは
なかなか仲良くなれません。
そんなある日、家へ帰ると
巨大なねこや小さな小さなねこが現れ……。

おくはらゆめさんは絵本作家さん、
はじめての書き下ろし童話だそう。
なんといっても、あやのキャラがいい。
よけなことをしゃべって友だちを怒らせたㇼ、
うれしいときに「ゲッ」という声を出すくせのせいで
友だちにドン引きされたり・・・。
こんな子、いるよねえ。
 
『リンドキストの箱舟』
  アン・ハラム 作 丹治陽子 絵 文藝春秋 

わたしといろんなねこ (2)

舞台は、異常気象で
氷点下の凍土となった近未来の地球。
動物のほとんどが乱獲により
絶滅させられている。
その極寒の荒野を、
少女スローはたった一人で旅をする。
科学者であった母から引き継いだ、
野生動物の命の素「リンドキスト」をふところに。
スローの危機を幾度となく救ってくれるのは、
成長したリンドキストたちだった。

まあ、なんという強いファンタジーだろう。
とにかく、全編寒くて空腹で、一人ぼっち。
そして、主人公は誇り高く、
悪事にも手をそめ、うそもつき、したたかだ。
その存在感は圧倒的で、最後まで目が離せない。

ほんわかしながらも勇気の出る幼年童話と、
息はつけず全然ほんわかしない
ヤングアダルト物語。
どちらの主人公もかわいくて元気いぱいで、
という「いい子」像からは、少し離れている。
そこがいい。わたしは子どものころから、
「いい子物語」が大の苦手だったから!

コロナ禍中にあって、
物語で上質のトリップができ、
今回のファンタジー欠乏症は
すっかりおさまったのでありました。
 
スポンサーサイト





<<母の日に、ガシャンの思い出 | BLOG TOP | 一升餅背負って、ずしずしと>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR