金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

「かべ丼」って、どういう丼物? と思ったら。

  1. 2014/10/26(日) 15:04:21_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「壁ドン」がブレイク中らしい。
コマーシャルで使われたし、東京ゲームショウ2014というイベントでは、
イケメンによる体験ブースまで登場したそうな。
ウイキペディアによれば
元は集合住宅などで隣の部屋が騒がしい時に壁をドンと殴る行為だったそうだが、
今や少女マンガ内でイケメン男子がコクる定番シーンとなってしまった。

日本の男子が草食系になったから、
ちょっと肉食入った男の子を求める女子が増えた、
などと解説されているようだが、それはちょっと違うような。

このシチュエーション、現実世界には存在しないほどのイケメンでなくては、
成り立たないのは一目瞭然だ。
だから、これはあくまでもファンタジー。
非現実でも萌えられるのが、女子のキャパの広さというものだろう。
なんせ『プチ軟禁』というか、瞬間軟禁だもの。
だれもリアルには求めていない。
いろいろなイミで残念な男の子がやったら、
殴られるか突き飛ばされたあと、
瞬時にラインやツイッターで電子リンチに遭うのがオチだ。
「白馬の王子さま」幻想にとって替わった、
あるいは矮小化されたのが壁ドン、ということだろう。

女子力弱くて、小3から少年マガジンで育ったわたしは、
壁ドンにはあこがれゼロだが、別の意味で興味をもった。

マンガ家さんは、もう作品中で壁ドンは使えないな、という心配だ。
ここまで広まると、大真面目に壁ドンは出せないだろう。
お気の毒に。
「バナナですべって転ぶおっさん」とか
「お年寄りの手を引いて道路をいっしょに渡る不良」のように、
ギャクの世界になってしまった。

新しい言葉が生まれたことで市民権を得るものがあり、
逆に実体をなくしていくものもある。
セクハラもマタハラも、昔からあったけれど、言葉を獲得して理解が深まった。
堂々と、「それってセクハラです!」といえるのは快挙だ。

新しい言葉の功罪を考えてしまった「壁ドン」でした。

                  ぬりかべランプ


写真は、なんの関係もないですが、我が家の玄関を飾る
「ぬり壁」ランプです。

スポンサーサイト


<<作家、編集者、そして書店員へとつなぐ情熱がアツい | BLOG TOP | 神の手にどつかれて>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR