FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

えむちゃん、けいちゃんの門出と、法律のハナシ

  1. 2021/04/11(日) 18:15:19_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
我が家の孫ちゃん二人、門出の春を迎えました。
三歳になって間もないえむちゃんは、幼稚園に。

6BF9960A-8C2A-40BC-AB1D-546DF49458C7.jpeg
幼稚園の制服、まだ大きいねー。

11か月児のけいちゃんは保育園に。 
 DSC_2316.jpg

二人とも早くなじんで、楽しく過ごしてくれるといいなあ。

二人の女の子の未来が、
希望に満ちたものでありますように。
そう、今よりもっともっと。

というのは、日本の社会があまりにも
女の子、女性にお寒い状況だからだ。
3月31日に男女格差を分析した報告書
「ジェンダーギャップ指数2021」、
つまり男女平等ランキングが発表されたが、
調査対象の156カ国のうち、日本は120位だと?! 
主要7カ国(G7)、東アジア・太平洋地域では最下位。
政治や経済界で、
「指導的地位」にいる女性の割合が少ないということが、
数字を押し下げているのだという。
 これじゃ、わたしが若いころと、
あんまり変わらないじゃないか!
 
これに関しては、腹立たしいことがいっぱいあるけれど、
なかでも最近むかっ腹だったのが、
「選択的男女別姓」が、ちっとも進展しないことだ。
与党・自民党内で賛成派と反対派が対立し、
今は慎重派のほうが強いのかな。
「家族の一体感を損なう」という、きわめて情緒的な理由で。
高校の社会科の授業で、
「法律は弱者を守るためのもの。
道徳の規範を示すものではない」
という意味のことを教師から聞き、
感動した覚えがある。
そうか、弱者を守るのが法律か!
押し付けられるものではないんだ!

同姓を強いられて、
不利益を被っている人は多いはず。
その人たちを法律で守るのが、本来のあり方なんじゃないのか?
それに、選択性なんだから、
同姓にしたい人はすればいいだけのことなのにね。

わたしが結婚するとき、
夫の姓になるのは、やっぱり抵抗がありましたな。
結婚で姓が変わることを、
「うふ💛」と喜ぶようなタイプじゃなく、
自分のアイデンティティが
否定されるように感じたのは、間違いない。
しかし、わたしは当時勤めていた会社を
退職していたので
社会的な影響は少なく、
わたしが改姓するのは
当然といえば当然だった。
それに、わたしの旧姓は
あまり字面がよろしくなかったので、
それで自分を納得させたのだった。

でも、やっぱり理不尽な思いは残った。
一度でいいから
「ねえ、どっちの姓に決める?」という
話合いがもたれていたら、
気分は違ったものになったかもしれない。

これについては、『きのう何食べた?』
(よしながふみ・作 講談社 17巻)に
印象的なシーンがある。

 きのう

美容師ケンジの同僚・田淵剛くん、
そろそろ彼女との結婚を意識しているのだが、
彼女さんは、「結婚はヤダ!」と言い放つ。
その理由が、姓を変えたくない、というもの。
まず、職場に知れる。
それから、免許証、パスポート、銀行口座などなど、
「平日にいろんなとこ回って、
全部名義を書き換えなきゃならないし!
私も嫌だし、だからといってその面倒を
剛君にさせるのも嫌なの!」

そのとーり! 
別姓を認めてくれるなら、
こんな苦労は必要なくなるんだよねえ。
選択的男女別姓法が施行されたら、
これまで結婚をためらっていたカップルが、
さくさく結婚するかもしれない!
少子化を食い止めることにもつながるかもね。

えむちゃん、けいちゃんが大人になるまでに、
この法案はなんとしても通ってほしい。
結婚に一すじの理不尽さも感じなくてすむように。
女の子の未来は、
男の子のそれよりも
狭くていいはずはないのだから。


スポンサーサイト





<<チカラは抜くものだった。 | BLOG TOP | 新名所なるか、「角川武蔵野ミュージアム」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR