FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

オンラインゼミ「エンタメ児童文学のデビュ―を目指そう!」終了。ほっ。

  1. 2021/03/28(日) 16:25:17_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
終わったあ!
児童文芸オンラインゼミ
「エンタメ児童文学のデビューを目指そう!」
全五回、昨日で終了!

わたしはスタッフでした。
準備は、すでに一年以上前から始めていて、
当初は対面の講座として考えていましたが、
コロナ禍であれよあれよとオンラインに。
Zoomのウエビナー機能を使って、
講師・受講生・スタッフ全部で80名ほどの講座が実現しました。

img20201216045031477469 - コピー小

打ち合わせ数回、リハーサル五回、本番、そして反省会。
すべてZoomでした。

うん、かなりたいへんでしたよ。
まず、スタッフがまだ、Zoomに慣れていません。
わたしが一番、不慣れでびびっていたかも。
けれども、児童文芸家協会の会議やら、個人的に申し込んだ文化講座やらで、
否応なしに(ちょっとは)慣れました。

講座の内容は、素晴らしいの一言でした。
講師の顔ぶれは、作家の針とらさん、
緑川誠司さん、宮下恵茉さん、
さらに、講談社青い鳥文庫編集長さんと編集者さん、
集英社みらい文庫編集長と編集者さんという、
この上ない豪華メンバー。
エンタメの児童文庫シリーズを中心に、
作品執筆や出版化の極意を公開していただきました。
ここまで語ってくださっちゃっていいの?
さらに、受講生が提出した自作のプロットを、
この講師陣が講評してくれるという、夢のような講座でした。

わたしは、司会役。
毎度緊張の極みでありました。
元々あがり症で、開催日の前日には
胃のあたりがズーンと重くなってきます。
でもそれは、対面の場合も同じこと。
オンラインでは新たな試練が待っていました。
それは、自分の顔をPC画面に見ながらしゃべるということ。
こ、これは辛い! 人生初の試練です。

ここ数年、まぶたやほっぺたが重力の影響をもろに受けてまして、
もともと人相悪いのが、さらに凶悪犯めいています。
日ごろ、こんな悪人ヅラをさらしていたのか・・・。
世の中には、知らなくてもいいことって、あるんですねえ。

思うに、芸能人やニュースキャスターさんがたって、えらい!
モニターで自分の顔を見ながらしゃべるわけでしょ?
わたしには無理!(能力的に当たり前だっつーの)

コロナ禍で、いろいろなことが一気に変わりました。
人類史的には、どんなページが綴られていくのでしょうね。
スポンサーサイト





<<新名所なるか、「角川武蔵野ミュージアム」 | BLOG TOP | 大地のハンター展で、ずしっと来た>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR