FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

生まれて初めて、木になりたかった

  1. 2021/02/22(月) 14:27:39_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
緊急事態宣言下ではあるけれど、
二か月ぶりに電車に乗っちゃった。
半年も前から予約していたんだもの。
出かけた先は、東京・上野文化会館。
「日本点字図書館」主催のチャリティコンサートだ。
音楽をナマで聴くのは、一年二か月ぶりだ。

今回は小ホール。
小ぢんまりとした中に重厚感がある。

DSC_2100 - コピー

   DSC_2097 - コピー
   こちらはロビー。

やっぱり、好きだなあ、ここ。

出演は、弦楽四重奏の「クァルテット・アルモニコ」。

ああ、ヴァイオリンやチャロ、ビオラの音が、
耳から聴覚、大脳へ。
そして、体中に染み渡る~。
ナマはいいなあ。心がうれしがっている。
溶けあう生音に浸っていると、
ああ、わたしもこうやって、
ステージに立ちたかったなあ、と思う。
・・・な~んて、楽器はなにもできないんですがね。
でも、何人か、何十人か、
場合によっては100人単位で、
一つの音色を創るって、
なんとうらやましい作業であることか。

演奏が無理なら、せめて木に生まれ変わって、
ヴァイオリンやビオラ、チェロになりたいなあ。
つやつやに磨いてもらって、
大きなホールで歌いたいなあ。

と、そこまで考えて、はっとした。
クラシック音楽を、ほぼ毎日聴いているけれど、
そんなことまで思ったことはなかった。
身支度をして電車に乗り、重厚なホールに入り、
雑念を払って音楽を体に取り込み、
非日常に浸ったからこそ、
「木になりたい」なんてところまで
行っちゃったんだな。

五感をフル稼働して、
得られることって多いに違いない。
けれども、今やコロナ禍が、
世界中のリアルな体験を阻んでいる。
リモートでもまったくOKなこと、
リモートだからこそ、
できることもたっくさんあるだろうけれどね。

五感を働かすのを、怠けちゃいけない。
体を運ぶのを、惜しんではいけない。

だからね、味覚も働かさなくちゃ。
というわけでケーキの食べられる
カフェを探した冬の夕でした。

久しぶりにやってきた上野駅公園口、
めっちゃきれいに整備されてました!
人はやはり少な目。
 DSC_2102 - コピー
       DSC_2103 - コピー
          上野公園に入ってすぐの広場。

『JR上野駅公園口』(柳美里)、読んでみようかな。

スポンサーサイト





<<冬の楽しみは野菜でも | BLOG TOP | 冬の味方>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR