FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

絵本のチカラ

  1. 2021/01/10(日) 15:05:58_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
新年となりましたが、
先が見えない2021年ですねえ。
元日から新型コロナ感染者数鰻登りで、
ついに緊急事態宣言。
我が家では、ギリギリのタイミングで
二組の息子夫婦と孫ちゃん三人、
みんな集まれたのは、ラッキーだったと思わなくてはね。

一番上のえむちゃん、来月で三歳。
日々猛烈なスピードで、ことばを習得中です。

寝んねの前に絵本を読んであげたときのことです。
本は、お気に入りの『ピヨピヨ スーパーマーケット』。
工藤ノリコ・作 佼成出版社

トマト小 (2)

スーパーが舞台なので、
当然野菜売り場の絵もあります。
そのページを開いていたら、えむちゃんが急に
「トマトのえほんは?」といいだしたのです。

トマトの絵本といえば、うちにあるのは『トマトさん』。
田中清代・作 福音館書店

トマト小 (1)

たしかに、読んであげたことはあるけれど、
そのときはあまりお気に召さなかったようで、
反応はなく、
「こっちー」と、すぐ別の絵本を指さしたのです。
しかも、読んであげたのは夏のこと、
実に五か月も前です。

あの『トマトさん』のこと? 覚えていたの?
半信半疑でとりだして読んであげると、
今度はじーーーっと見入り聞き入り、
「もういっかい」のリクエスト。
やっぱり、この絵本のことだったようです。

覚えていたんだ! そして、気に入ってくれたんだ!
えへー、うれしいなあ。

いえね、わたしは孫自慢をしたいわけじゃあございません。
いいたいのは、
幼児の記憶力はたいしたもんだということと、
絵本の力ってすごいなあということであって、
ええ、孫自慢ってわけじゃあ・・・。

地元のおはなしボランティアサークルで読み語りをやって、
30年ほどにもなります。
たくさんの子どもたちに読み語って、
幾度も、「おっ、キターーー!」と
手ごたえを感じるときがありました。
子どもたちがじーっと食い入るように
聞き入っているとき、
騒いでいた子どもが、絵本の前で静かになったとき、
「もう一回読んで」「この次もこれ読んで」と
リクエストされたとき。
読み語りへの最大のご褒美です。

コロナ禍でおはなし会が休止して、
もう11か月になります。
孫ちゃんに読み語るのは、うれしいひとときですが、
放課後児童クラブや図書館に来てくれる
子どもたちにも、会いたいなあ。
みんな、絵本やおはなしの楽しさを、
覚えてくれているかなあ。
絵本のチカラが、子どもたちの
胸に残っているといいなあ。

スポンサーサイト





<<亀の湯、開店。 | BLOG TOP | オットのこだわり、ツマのひと手間>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR