FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

忘れっぽいけれど、覚えておこう

  1. 2020/12/27(日) 16:58:31_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
忘れっぽくなったなあ。
なにか取りに行くものがあってとなりの部屋にいくと、
何しに来たのか忘れている。
シャンプーしたあと、リンスしたよな、それともまだだっけ? と迷う。
買い物のメモを作りスーパーへ行き、
そのメモのしまい場所がわからなくなる。
ポケットだっけ? バックの中?

けれども、忘れるのは悪いことばかりじゃない。
年末になるたびにそう思う。
年賀状を書き、大掃除をして、お節を何品か作る、
そんなことを毎年毎年やっていて、
もうイヤ!となりそうだけれど、一年たつと、
その忙しさやしんどさを忘れている。
忘れるからこそ、やれるんだな。覚えていたら、
はなっからやろうと思わない。
(もっと早くから少しずつやろう、とはならないのがワタシ)

しかし、年賀状作成には大いに困った。
やり方をすっかり忘れている!
せっかく漫画家さんに描いてもらった特注のイラストを、
縮小してデザインする方法がわからない。
去年はどうやったんだっけ?
PCをいくらいじっても、埒が明かない。
しかたなく駅前のショッピングセンターに走り、
カラーコピー機で縮小した。
すると思い出した、そうだった、去年も同じくわからなくて、
コピーしたんだ!

次に、年賀状の本文を作成してプリントし、
コピーしてきたイラストを貼り付ける。
へへ、手作業(笑ってくれ)。それをスキャンして、PDFにする。
やれやれ、原稿ができた。さあこれをハガキに印刷、というところで、
また途方にくれた。
原稿はA4サイズだ、どうやって縮小するんだっけ? 
再びコピー機に走るしかないか?
ググってみた。ふむふむ、システムダイアログを使う、とな? 
思い出したぜ、去年もここでつっかえて、ググッたじゃないか! 
こうして、忘却と検索の綱渡りで印刷を終えた。

さて、あと数日の「今年」。
このコロナイヤーは、今後どう記憶されていくのだろう。
覚えておくぞ。検査数を抑えるというトンデモな施策から始まって、
滑稽なアベノマスクやら、第一波がおさまったときに
当然やっておくべき第二波、第三波への備えを怠っていたことや、
首相の「会食」などなど、
覚えてお~く~ぞ~~。

これはクリスマスのロースト。
焼く二日前に塩と少しの砂糖をすりこみ、
前日に玉葱とにんにくとセロリをおろしたものに漬け込むのが、
我が家流。
いつもはフツーにオーブンで焼きますが、
今年はタジン鍋でやってみました。
つけ汁に水を100CCほど加えて蓋をし加熱、15分ほどで火が通りました。
速い!
野菜もいっしょに蒸せるので、簡単です。 

         DSC_1948 - コピー

チキンは焼き色をつけるために、
さらに魚焼き用のグリルで焼いたけれど、
全体がこんがりキツネ色になる前に、
肉の厚い部分が焦げてきちゃった。

                     DSC_1949 - コピー

タジン鍋からもっと早めに降ろして、グリルに乗せるといいかも。
・・・というのも、どこかに書いておかないと、
来年には忘れちゃうんだろうな。

味は上々、蒸したのでお肉がふっくら。
スポンサーサイト





<<オットのこだわり、ツマのひと手間 | BLOG TOP | 文章から響く音楽>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR