FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

業界初の一大エンタメ講座、開催されます!

  1. 2020/11/29(日) 15:46:29_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今、子どもたちに最も読まれている本のジャンルは?と問われれば、
一番に挙げなければならないのが、エンターティメント児童文学でしょう。
(とっても近いジャンルには、
読者対象が中高生以上の小説である『ラノベ』(ライトノベル)があり、
こちらも大人気)
「エンタメ」は、多くは講談社青い鳥文庫、集英社みらい文庫、
角川つばさ文庫、ポプラポケット文庫などの児童文庫シリーズとして、
もんのすごい数が出版になっています。
またもんのすごい数の子どもたちが、それらをわくわくしながら手に取っています。

そして、作家志望の方も多数いらっしゃるようで、
青い鳥文庫小説賞、ポプラズッコケ文学新人賞、みらい文庫大賞など、
作家の登竜門であるコンクールが目白押し。

でも、どう書いたらいいのか? 
そもそも、エンタメとそのほかの児童書との違いは?
などなど、悩んでいらっしゃる方も多いのでは。

そこで、日本児童文芸家協会では、
「エンタメ児童文学のデビューを目指そう!」として、
全五回のオンラインゼミを企画しました。

   img20201030223737716649.jpg

講師は、針とらさん、緑川聖司さん、宮下恵茉さんという大人気作家さん、
そして、それぞれの担当編集者さんや編集長さんまで
加わってくださることになっています。
さらに、なんと、プロット作成のワークショップまで実施、
提出された受プロットのなかから何編か、
このお三方の作家さんや編集長さんが
講評までしてくれる!
こんな豪華な講座は、おそらく児童書業界初!
受付開始は12月5日から。もうすぐです!
この機会をお見逃しなきよう、フルに奮ってご応募ください。
スポンサーサイト





<<『謎解きホームルーム』でました! | BLOG TOP | 生涯かけての目標が・・・ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR