FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

わたしの未来予測

  1. 2020/09/27(日) 16:58:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
中学生のころだと思う。
いくつかの「未来予測」をしていた。

まず、和菓子がなくなる。お菓子は洋菓子ばかりになる。
 そりゃ、10代だもの、華やかなケーキ類に目と舌が奪われるよね。
当時のアンコものは、甘すぎて好きじゃなかった。
おばあさんが食べるお菓子と思っていた。

演歌がなくなる。
 演歌って、戦後の暗い時代の遺物だと思い込んでいた。やたらオンナが騙されて泣かされるばかりで、
聴いていてぜんぜん心地 よくなかった。

第三次世界大戦が勃発する。
 米ソが冷戦中であり、当時の子どもはわりとまじめに危惧していたように思う。

敬語がなくなる。
 仰々しく、しちめんどくさい大人語と思っていた。
しかし、中学生といえば、大人に対し敬語らしきものを使わなくては、という時期だ。
 困った、どうしゃべっていいかわからない。
小学生のように大人相手に、
「ねえ、こっち来てよ、おばちゃん!」なんて出てこない。
かといって、「こちらにいらしてください、おばさん」と言うのもこっぱずかしい。
結果、下をむいてだまりこみ、「難しい年ごろなのね~」と評されてしまう。 
 だから、英語の授業で、「英語では丁寧な表現、言い回しはあるが、
日本語のような明らかな敬語はない」と聞いて、すっごくうらやましかった。
これからの時代、英語が世界の共通語になるそうだから、
それに影響されて日本語の敬語はだんだん消えていくだろう、
早くそうならないかな、と思っていた。

全部はずれましたね。
上記三つは、はずれてよかった。
戦争についてはもちろんのこと、
今では豆大福は大好物だし、演歌はあいかわらず好きではないが、
家人が丘みどりの大ファンなのだ。

敬語については、近年さらにしちめんどくささが増している。
「~させていただく」はもう当たり前になってしまったし、
近所の内科のお医者さんなんて、患者に対して
「コレコレのお薬を、差し上げさせてください」。
なんじゃこの三重敬語! こんな敬語を使ってもらうような人間じゃありませんぜ。

さて、このところテレビをつけると目に飛び込んでくるのが、
タレントのフワちゃんだ。
彼女は、どんな相手に対してもタメ口が基本、敬語はゼロ。
それに対してのバッシングは、今のところはないようで、
視聴者もメディアも彼女のキャラを面白がっているのだろう。

なかなかいいなと思ったのは、「カレシいるの?」みたいなセクハラ寄りのコメントには、
「そんなことアンタにいうわけないじゃん」と切り返すこと。
爽快だわ。
無理してにまにま笑い小首を傾げて「さあどうでしょう、うふふ」なんて
(オトコ寄りの)空気を読むコメントを言わなくてもいい時代を開いてくれそう。

話がそれた。敬語のことだ。
グローバル化の時代というのに、日本語界では敬語がガラパゴス化しているよねえ。

   200810_133246_00013308 - コピ小

画像は、令和元年生まれのえいちくんと、令和二年生まれのけいちゃん。
この子たちが大人になるころ、日本語は、敬語は、どうなっているかな?
スポンサーサイト





<<中学生の「居場所」 | BLOG TOP | 脳内のマイヤさんとの幸せな時間>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR