FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

脳内のマイヤさんとの幸せな時間

  1. 2020/09/21(月) 17:25:12_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分の能力・体力・容姿などの諸条件を完全無視していいとして、
やってみたいスポーツは? と問われたら、
スキーのジャンプ競技、パラグライダー。バンジージャンプもちょっとやってみたい。
・・・つまりわたしは、飛びたい。空中に滞在したいらしい。
その嗜好と関係あるかもしれないが、クラシックバレエのダンサーもあこがれだ。
重力を無視してジャンプし、空中に留まってみたい。

だから、『マイヤ・プリセツカヤ たたかう舞姫』(絵 城咲綾 学研プラス)を
書かせていただいたのは、とても幸せなことだった。

   81jDoC44paL__AC_UL320_.jpg
 
望んでも100%手が届かない世界に、脳内だけ入り込むことができたのだから。
別人格をバーチャル体験できるということは、モノ書きの冥利の一つだ。

マイヤさんは、旧ソ連のスターリン時代に生まれたバレエダンサーだ。
時代はその天与の才能を押しつぶしたいかのように動く。
戦争、そして旧ソビエトのスターリン時代の弾圧。
それらをかいくぐり、はねのけ、時に全力でぶつかって、
彼女が不世出のダンサーとして舞台に立ち続けた。

このたび、この本が三刷りとなりました。
マイヤさんは四年前に亡くなったけれど、
日本の子どもたちの本の主人公になったことを、
きっと喜んでくれている、と信じています。
スポンサーサイト





<<わたしの未来予測 | BLOG TOP | 「待ち」の火>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR