FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

オンライン事始め

  1. 2020/08/30(日) 16:19:06_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが所属する日本児童文芸家協会が、ついに理事会にオンラインを導入した。
今どきどうってことのない、よくある流れだろう。
どこの団体も、企業も、学校も進めていることだ。
けれども、やっぱり重大な局面というべきだろうな。

コロナ禍で、いくつかのオンライン経験をすることとなった。
小さな会議大きな会議に出席し、遠く札幌から配信の文化講座も受講し、
飲み会も経験した。
うーん、悪くない。移動の時間も交通費もかからない。
PCの操作も難しくはなかった。

感じたのは、「貯金」が大切だってこと。
人間関係の「貯金」だ。
これまで、リアルに会い、しゃべり、作業をし、
いっしょに飲み食いして培った人間関係、
その「信頼」という「貯金」があってこその「オンライン」なんだな。
初対面からオンラインで人間関係を築くとしたら、
リアルの何倍の時間が必要になるだろうか。
10回ものオンライン会議をやっても進展しないことが、
リアルに会って10分ですっきり解決に向かう、なんてこともあるだろうな。

とはいうものの、PCの画面越しであっても顔が見えるというのはありがたい。
電話だけメールだけ手紙だけよりも、ずっと相手との距離が縮まるのは確かだ。

日本児童文芸家協会の理事会に話を戻すと、
会議は三時間を越え、疲れたけれど、まあまあ活発な意見交換ができたのではないか。
けどね~、会議前後のちょっとした時間に、「元気だった?」「最近、目がかすんでね~」「だいじょうぶ?」
「終わったら、どっか行く?」などなどのオマケの会話ができないのは、かなり寂しい。
人と人とのコミュニケーションって、必要な用件以外のオマケ部分が、
何割も占めているのかもしれないね。
その人の輪郭や空気感というものは、そのオマケ部分と、
PC越しではとらえられない微妙な表情や、
ちょっとしたしぐさよって形作られるのだろう。

そして、100%オマケだけで成立する会話もある。
古くからの友人とのおしゃべり、ご近所さんとの立ち話・・・。
はなっから結論なんぞありえないオマケ会話で笑い転げることが、
今とても恋しい。

オンライン、リモートというものが、
コロナ禍収束した後であっても、
世界のコミュニケーションにどこまで食い込んでくるか。
壮大な社会実験が始まっている。

こちらは、コロナイヤーに生まれたけいちゃん。
 DSC_1562大 - コピー小
 (写真撮る前に髪の毛を直しておけばよかった・・・)   

この世に降りてきたのは、緊急事態宣言下。
この子が物心つく前に、コロナは収束しているだろうか。
お散歩に連れだされた先で、
「あたちも、おくちとおはなのおようふくをつけたいー!」
なんていいだす前に、
世界が安心と安定を取り戻しているといいのだが。
スポンサーサイト





<<暖炉の「生火」 | BLOG TOP | えいちくん、コロナイヤーに一歳に>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR