FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

75年前を振り返る10日間

  1. 2020/08/09(日) 12:58:49_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここで何度も書いているが、わたしがこの世で一番怖いのは、戦争だ。
戦争には、人間が考えつくすべての悪が詰まっている。

今年も、「ヒロシマ」・「ナガサキ」の日がやってきた。
週末は終戦記念日がやってくる。
今の日本、コロナ禍に水害、そして猛暑と、ヒトは痛めつけられっぱなしだけれど、
75年前を振り返ることは必要だろう。

このツイートがものすごくリアル。見た方も多いだろう。
1945「ひろしまタイムライン」https://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku75/timeline/index.html
もし75年前にSNSがあったら? ということで、
中学一年生のシュン、26歳の主婦で妊娠中のヤスコ、新聞記者のイチローが、
それぞれの言葉で戦争のこと暮らしのこと、
そして「ヒロシマ」の惨状をTwitterで発信していく、という企画だ。
原爆投下直後の広島のようすなど、現代の日付と時刻に合わせてツイートされるので、
その臨場感に、過呼吸を起こしそうなほど。
やはり、13歳のシュンくんのツイートに一番、生の声を感じたなあ。
この企画を思いつき始められたNHK広島放送局さん、
ありがとうございます! 

こちらは、コミック。
『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』武田一義・平塚柾緒(太平洋戦争研究会) 著 白泉社

A1QjVkOieoL__AC_UL320_ 小

昭和19年、夏。太平洋の楽園、パラオのペリリュー島は、
日米合わせて5万人の兵士が殺し合う戦場と化していた。
漫画家志望の兵士、田丸が見た戦争の狂気とは――。
リアルな戦場の光景と一兵士の心情が丁寧に綴られ、
いわゆる性の処理なども隠すことなく描かれ、むしろ涙をさそう。
人物がギャグタッチなのが救いだ。写実的な絵柄だったら、読み続けるのが辛くなってしまうかも。

こちらは、絵本。
『キンコンカンせんそう』ジャンニ・ロダーリ 著 ペフ 絵 アーサー・ビナード 訳 講談社 

91DD3J5tmqL__AC_UL320_小

小学校高学年のクラスで読み語りをするときに、何回か使わせていただいた。
二つの国の間で長く続く戦争。どちらの国の将軍も、
教会の鐘まで取り上げて、兵器にしてしまう。
戦場に運び込まれた大砲は、驚いたことに・・・。

日本でも、太平洋戦争で金属の「供出」があったなあ。
鐘は戦争には似合わない。鐘自身も苦しかっただろうね。

だれでも、戦争はNOだと思っているのに、
なのになのに、自衛隊の敵基地攻撃能力について取沙汰されているなんて。
戦争の導火線に火をつける役目を、日本が負うべきというのか。
スポンサーサイト





<<小麦粉のアレルギーでパッタイを | BLOG TOP | がんばれ、醤油やさん!>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR