FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ふつうって、なに?

  1. 2020/07/26(日) 15:21:38_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
二つの作品をご紹介します。

『赤毛証明』 光丘真理 著 くもん出版

71xiFkxTrhL__AC_UL320_.jpg
 
これが表紙なんです。インパクトすごいでしょ。
このブックカバーをはずすと、さらにおもしろいものが現れるの。ぜひ手に取ってみて。

メグは中学一年生。髪の色が生まれつき明るい。
メグはその「赤毛」が地毛あることを学校に証明する『赤毛証明』を
生徒手帳に刻印され、毎朝校門で、先生にそれを見せなくてはならない。
「自分はふつうじゃないの?」メグの思いは広がっていき――。

こんな校則、まだまだあるよね。
自分にとっての「当たり前」が異質なものとされ、
いちいち正当性を証明しなくてはならないなんて、理不尽そのもの。
わたしは、こんな校則を堂々と掲げる学校との
戦いの物語かと思って読み始めました。
でも、そうじゃなかった。戦うのではなく、考える。語る。
車いすバスケットで活躍する幼なじみや、母子家庭に育つ親友、先生、親たち、
それぞれの生き方から自分の思いを掘り下げていく。
そんな物語でした。
さわやかで暖かい「光丘真理」の世界です。

『区立あたまのてっぺん小学校』間部 香代 著 田中 六大 絵

 819EBRyIXxL__AC_UL320_小

ナンセンスっぽいファンタジーだな、と思って読み始め、
うん、ナンセンスっぽいファンタジーなんだけど、
こちらも偶然ながら、「ふつう」について思いをめぐらせる物語でした。

二年生の「ぼく」の頭の上に、小さな学校ができていた。
そこではキミドリ色の生き物が、べんきょうしている! 
友だちといっしょに相談に行った先は、区役所。
(そうか、区立小学校だもんね。ここで爆笑)
いつしか、頭の上に小学校があることが、
ぼくやまわりの人たちにとっての「ふつう」になっていく。

日本は民族が二つしかないせいか(そして片方は極端に人口が少ない)、
同調圧力が強く、常に「普通でいなければ」と緊張を強いられています。
特に子どもたちは息がつまるでしょうね。
この二作の「ふつう」をめぐる物語は、やわらかく心をほぐしてくれますよ。

スポンサーサイト





<<がんばれ、醤油やさん! | BLOG TOP | おはなし会に持っていきたい絵本>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR