FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

亀パワー獲得の顛末

  1. 2020/06/28(日) 15:58:15_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
事件は四日前に起きた。

「いでー、いででで!」
わたしの左手のひらに、飼い亀のガメラがかみついたのだ。
おいおい、26年も世話してやっているのに、それはないっしょ!

その日わたしは、亀たちの甲羅を運動靴用のブラシで
こすってやっていた。
この季節、亀たちはエサをよく食べ、よくフンをし、
水を盛大に汚し、甲羅はぬるぬるになる。
毎日の水替えに加えて、甲羅の汚れをこまめに落としてやらなければならない。

三匹の亀のうち、オスのガメラはなぜか一番甲羅を汚す。
こんなとこにも個性があるのだなあ。
水槽に入れたままガメラを左手でおさえつけ、
右手のブラシでゴシゴシした。
背中側に続いて、甲羅をひっくり返し、おなか側。
ガメラはジダバダあばれて、元の姿勢に戻ろうとする。

亀にとってはひっくり返しの姿勢はかなり苦しいらしい。
大型の陸亀は甲羅の高さがあるので、
ひっくり返ってしまうと元に戻れず、
そのまま餓死してしまうこともあるそうだ。

死の危険を感じたのかどうだか、ガメラは首をのばし、
甲羅をつかんでいるわたしの左手のひらに、
がっぷり食らいついたのだった。

  DSC_1452 - コピー
       文句あっか? オレ、フロはきらいなんだよー! 

「いでー!」とさけんで、左手を引く。びよっと、手のひらの皮がのびる。
うわっ、皮を食いちぎられる?と覚悟した。なんたってスッポンの親戚だもの。
でも、クサ亀のアゴの力はそれほど強くはなく、
なんとか離してもらえた。
皮にちょっと穴があいて、血がにじんでいた。
(カメには歯はありません。口が鳥のような固いクチバシになっています)

バイキン入るかも!(バイキンって死語か? でもばいきんまんは現役だな)
洗浄剤で洗い(しみた~)、マキロンぶっかけて殺菌(しみた~)。
キズ絆貼ってようすを見ることに。
そのまま、腫れることもなく、二日後には傷はふさがっていた。

(ちなみに、亀が持っている常在菌は、サルモネラ菌。
人間に食中毒を起こす細菌だが、
亀をさわった後に石鹸で手を洗えば、まずだいじょうぶだ。
今回は外傷なので、食中毒の心配はない)

ふと、「よっしゃあ!」という気分に。
これで新型コロナウイルスに負けないぞ!
生命力の固まりみたいな動物のパワーが
体内にはいったのだから! (殺菌したことは無視(^^ゞ)
太古から、亀って神さま的なパワーアニマルといわれてきたもんね。

亀パワー、獲得!と根拠なくテンション上げて、
免疫力が上がるなら、怪我の功名だ。
だから、恨まないであげるよ、ガメラ。


ところで、ひっくり返った亀が、元にもどるには・・・。
 DSC_1458 - コピー

まず、首をぐいーんとのばして床に着け、
  DSC_1459 - コピー

その首をねじってはずみをつけて、ごてっと半回転します。
 DSC_1451 - コピー

 こんなこと、やらせるなよ! 
 DSC_1460 - コピー

スポンサーサイト





<<えむちゃんのこだわり | BLOG TOP | 「塩こくり」と新カタカナ語>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR