FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

エンドウ君の不在

  1. 2020/06/14(日) 15:44:36_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここ二年ほど、豆ご飯を食べていない。
えんどう豆の炊き込みご飯は大好物なのに。
旬の生のお豆にお目にかからないのだ。
スーパーにはないし、
COOPやポラン広場(有機野菜の宅配店)のカタログにも載ってこない。

さや付きのえんどう豆は、豆をとりだすのが面倒だけど、
色と香りと味は、初夏にふさわしい。
一つずつペリリとむきながら、わたしはよく亡き義父を思い出したものだ。

銀行員だった義父は、退職後小さな家庭菜園で
えんどう豆や玉ねぎやさつまいもを育て、
我が家に送ってくれた。
どっさりと届いたえんどう豆は、早く料理してやらないと固くなってしまう。
せっせとさやをむいて、せっせと食べた。
豆ごはんはもちろんのこと、
薄味でさっと煮て卵とじ、新玉ねぎといっしょにかき揚げ。
ベーコンやソーセージと共にバター煮。
裏ごしして、ポタージュ(絶品中の絶品!)。
食べきれない分は、さっとゆがいて冷凍保存し、いろいろな料理の彩りにした。

子ども好きの義父は、我が家が秋口に帰省したときに、
幼い息子たちにさつまいもの芋掘りをさせてくれたっけ。
ひとうね分、収穫するのを待っていてくれたのだ。
息子たちは、大人になってもちゃんと覚えている。
今思うと、それらはなんと贅沢で輝く時間であったことか。

そのさや付きのグリーンピースは、数年前から見かけなくなり、
はだかんぼの青豆がちんまりとパックで売られるようになった。
去年からは、そのパックも見なくなった。
どこにいっちゃったの、エンドウくーーーん! 

しかたないので、空豆を買ってきて炊き込みごはんにした。

 DSC_1415 - コピー

大失敗だった。空豆は皮を取るととっても柔らかいので、
ぐちゃぐちゃにくずれてしまった。
次に買ったときは、皮ごと醤油で煮てみた。
素朴で、なかなかおいしいものになった。

DSC_1416 - コピー

それにしても空豆のさやって、ふっかふかで気持ちよさそう。
まさに『そらまめくんのベッド』(なかやみわ 作 福音館書店)だねえ。

 61WQ_Je7cHL__SY363_BO1,204,203,200_ - コピー

えんどう君の不在を埋めるように、たくさん出回っているのがスナップエンドウだ。
こちらはさやごとポリリッと食べられるから、なんかトクした気分。エヘ。

タジン鍋で、これまた大好きなベビーコーンといっしょにバター蒸し。

DSC_1418 - コピー

タジン鍋で蒸すと、野菜が2倍は甘くなる。ホントです。

この季節、おいしものをしっかり食べて、巡って来る猛暑に備えなくちゃね。
(といいなから、一年中しっかり食べています)

スポンサーサイト





<<「塩こくり」と新カタカナ語 | BLOG TOP | コロナ禍の日々に コンビニ神さま>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR