FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

コロナ禍の日々に  おはなし会は三密だけど・・・

  1. 2020/06/02(火) 16:54:51_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日から各地で学校が再開された。
長い長いお休みだった子どもたちは、
どんな思いで学校に向ったのだろう。
再開といっても、時間差登校だったり
休み時間でも友だちとおしゃべりしちゃいけなかったり、
う~~ん、楽しくなさそう。
学校というところは、勉強よりも
友だち付き合いを、人間関係のややこしさとおもしろさを、
学ぶ場と思うのだけど。
友情も、初恋も、お預けになってしまうのかな。

そんな心配と比べると、ささやかすぎて申し訳ないのだが。
おはなし会のこと。
わたしが30年ほど細々と続けている絵本の読み語りボランティアも、
もう三か月も中止となったままだ。
この先、おはなし会が復活する日か来るのかなあ。

わたしが通っているのは、主に市内小学校の放課後児童クラブと、図書館だ。
仲間たちは、保育園や小学校の朝の読書タイム、
保健センターの乳幼児健診での絵本タイムなどにも出向いている。
ちっちゃな子たちが何人も、体をくっつけあうようにして座り、
その前でわたしたちが語り、読む。
声が散らないように、窓はしめておくことが多い。
・・・三密になってしまうんだよねえ。

慎重に選んだ絵本が、子どもたちにジャストフィットすると、
彼らの瞳が輝き、満足そうな声がもれる。
それだけをご褒美にがんばってきたのだけどな。

★冬から春にかけて、読みたかった絵本

『いってかえって星から星へ』佐藤さとる・作 田中清代・絵 ビリケン出版

2 (1)

宇宙船での地球への旅。
見開きが最後に来ると、絵本を上下反対に持ち変える、
するとページをもどって《帰りの旅》になるという、おもしろい企画の絵本。
とにかく宇宙船や地球の絵が美しくてわくわく!  

『なわとびしましょ!』長谷川義史・作 復刊ドットコム

 3.jpg

 大縄跳びをしている気分そのままにリズミカルに読むと、
子どもたちと一つになれる感がたまらない!

『月へミルクをとりにいったねこ』
アルフレッド・スメ−ドベルイ・作 たるいしまこ・絵 福音館書店

 2 (2)

 ネコのかあさんの一所懸命ぶりにホロリ、でも笑っちゃう。

★春から初夏に読みたかった絵本

『ルラルさんのにわ』いとうひろし・作 ポプラ社

   6.jpg

 最後の見開きで、子どもたちみんなオーッという声。
晴れた五月に読むと最高にキモチいい。
『ニニロのおとしもの』いとうひろし・作 教育画劇

 5 (1)

 マヌケなトカゲのニニロに、子どもたちは爆笑しながらユルーい気分に。

『ぎょうれつのできるケーキやさん』ふくざわゆみこ・作 教育画劇

    5 (2)

 おいしそうなスイーツが画面いっぱいに。庭でケーキを食べると、いいことあるよ!

これらは自宅の、そして図書館の書架におしこめられたまま、季節が変っていく。
絵本たちもさびしがっていることだろう。

どうか、幼い子たちが絵本を読んでもらう楽しみを忘れませんように。

そして、子どもたちが「よその人は汚い」と完全にすり込まれる前に、
このコロナ禍が収束してくれますように。

スポンサーサイト





<<コロナ禍の日々に コンビニ神さま | BLOG TOP | 名前の魔法>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR