FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

コロナ禍の日々に 思い出の動物たちを訪ねて

  1. 2020/04/19(日) 17:04:33_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
新型コロナウイルス感染者が、ついに1万人を越えてしまった。
こうなることは、予想できたはずなのに!
政府の愚策、失策、迷走の数々は噴飯ものだ。悔しい。悲しい。
亡くなった方々、今この時も苦しんでおられる方々、
昼夜を問わず患者さんのために尽されている医療従事者のみなさんに
顔向けできないんじゃないか?

怒ったり不安に襲われたり、気分はどんより。
とりあえず、気持ちを上げよう。

安全だったころ(遠い昔のような気がするよ)訪れた地で
出会った動物さんたちを集めてみた。
どの地も、みんなウイルスと戦っている。
あの美しい村や町、みんなみんな。

ノルウェー・ベルゲンの野良猫さん

 068.jpg

長野県・上高地のニホンザルのみなさん

054.jpg

長野県・松本の友人宅のワンさん・リクちゃん
 
 069.jpg

イギリス バートン・オン・ザ・ウオーターの川べりの鴨さんと
添乗員さんになつく野良猫さん。

  5鴨さん
            11添乗員杉浦さん、猫好き

アクアワールド茨城県大洗水族館のクラゲのみなさん

    DSCF5650.jpg

ロシア・タルパガタイ村に居ついているらしきワンさん

   ②41-2村の犬。片足をひきずっていた

奄美大島の離島、加計呂麻島の海亀さん

   DSC07868③④

長野県・小諸懐古園内動物園をお散歩中のケヅメリクガメさん

   DSC_0101.jpg

山梨県・恵林寺の猫さん、美猫ですがご機嫌ななめ。

   DSC_0596.jpg

スペイン・バレンシアのホテルの“営業部長”らしきワンさん

  DSC_1080.jpg

最後に、つい先日奈良在住の姉が撮影した、庭のカタツムリさんたち

29900.jpg
カタツムリさんがたの、恋の季節だそうで。姉はわたしと違って写真上手。

経済活動が鈍って、空気がきれいになりつつある。
地球の動物たちは(感染が見つかったネコ科をのぞいて)喜んでいるかもしれないね。
スポンサーサイト





<<コロナ禍の日々に わたしにできること | BLOG TOP | コロナ禍の日々に>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR