FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

記憶にございませんが、再スタート

  1. 2019/10/06(日) 15:13:10_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』を観てきた。

    v.jpg

投げつけられた石が額に当たり倒れた内閣総理大臣。
目覚めると記憶を失っていて――。
彼はこの難局をどう乗り切るのか。

実はこの男、歴代内閣最低の支持率を叩きだした、
カネと欲と不倫まみれの嫌われ者。
おのれの姿を、「新しい」彼は徐々に知っていき・・・。

随所にちりばめられた政治家のおちょくりに、にやにやゲラゲラ。
森〇学園の園長に似た男や既視感のある女性党首なんかも出てくる。

この総理がどう変わって、さらに周囲をどう変えていくのかが見どころではあるが、
あまり難しく考えず、思い切り笑えばいいのだろう。
わたしとしては、もうちょっと現政権への風刺があればもっとよかったな~。

偶然だが、『リスタート』」という物語を、
映画に行く前日まで読んでいた。

   81kJK4ARBHL__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

『リスタート』 ゴードン・コーマン 作 あすなろ書房
主人公は、自宅の屋根から落ちて記憶喪失となる13歳の少年、チェース。
彼はアメフトのスター選手であり、またとんでもない悪ガキでもあった。
アメフトの仲間とイジメを始めとする問題行動をくり返し、
いじめた相手が泣く泣く転校していっても
笑いのネタにするようなヤツだ。

大人と少年、総理と学生のちがいはあれど、
よく似た物語だ。

チェースは、記憶を失ったあとは、まっとうで善良な感受性を素直に発揮し、
彼を恐れ憎んでいた同級生たちも、徐々に「新しいチェース」を受け入れていく。

こんなにうまくいくか?
記憶がなくなっても、元の性格や気質は、そうそう変わらないんじゃないのか?
そんなことをつらつら感じながらも、ページはどんどん進む。
それは、彼をめぐる少年少女たちの語りがとてもおもしろく現代的で、
リアルな10代の感覚が生きているから。
ラストはまさかの涙腺決壊! 
笑えて泣ける青春ストーリーだった。

そういえば、わたしも中学生のころ自分がイヤで、イヤでイヤで、
13年の人生をまっさらにリセットしたかったな。

再スタートって、もしかしたら、多くの人に共通の願望なのかもしれない。
だから、笑いながらも胸の深い部分を突かれるのかもしれない。

「記憶喪失」は、昔からドラマやラノベ、コミック、映画などでも何度も使われ、
ある意味、時代がかっているかもしれない。
でも、「再出発」には、やはり感動がある。
この「装置」を巧みに使った二つの作品、どちらもお勧めです。
スポンサーサイト





<<大型台風の日に | BLOG TOP | 目眩くファンタジーとしっとり和のファンタジー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR