FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

好きって最強!

  1. 2019/07/21(日) 15:25:12_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
15日、NHK総合でドラマ「永遠のニシパ〜北海道と名付けた男 松浦武四郎〜」が
放送された。
(ニシパは、アイヌ語で成人男性の尊称。「大切な人」という意味もあるようだ)
ドラマの出来は正直いって、う~むというところだが、
(そもそも主演の松本潤が武四郎のイメージと違う)
松浦武四郎がドラマになっただけでもうれしい。
俳優さんがたも、アイヌ語のセリフがけっこうあって、たいへんだったろう。

松浦武四郎という人、間宮林蔵や伊能忠敬と並び称されてもいいのでは、と思うが、
知名度はいまイチ。
幕末から明治にかけて、蝦夷地に何度も渡り、
地図を作りアイヌの文化を書き記し、
シサム(和人)に搾取され迫害されるアイヌの人々のことを、幕府や明治政府に訴えた人だ。

 武四郎の碑(白老)

 DSCF6595.jpg
 
二風谷アイヌ文化博物館のプレート

DSC_1673.jpg

蝦夷地を「北海道」と命名し
(元は『北加伊道』。カイは、アイヌ語でこの地に生まれた者という意味)、
また札幌、小樽、根室、登別など、
アイヌの地名に漢字を当てて、残してくれた。
彼がいなかったら、日本語由来のつまらない地名になっていたことだろう。
北海道各地の地名の由来を紐解くだけでも、アイヌ語の勉強になる。

その武四郎、蝦夷地に渡ってアイヌの現地ガイドさんと旅をして、
アイヌ文化や精神性を理解し、好きになったのだろう。
自然の一部として生き、上下関係もなく平和に生きる民族性を、
武四郎は愛したから、アイヌの人々のために奔走した。
単なる人権意識や義侠心や同情だけでは、続かなかったのではないかな。
ドラマでも、そのあたりを、アイヌ女性とのラブストーリーをからめて語っていた。

わたしは、どうしてだか自分でもわからないけれど、
先住民族の文化が好きだ。
アイヌだけではなく、イヌイット、ネイティブアメリカンなど、
どの民族の文化も懐かしく感じる。
そして思う、好きでよかった、と。
アイヌの人々が日本の地に共に生きていること、
その文化を守ろうとする人々がいることが、
わたしはとてもうれしい。

ああ、また北海道に行きたくなった。
あの居心地のいいチセ(家)で、ごろんと昼寝をしてみたいなあ。

白老のアイヌ民族博物館内のチセ
(この博物館は、現在閉鎖されています。2020年に国立の施設としてオープン予定)

DSC_1677.jpg

 
スポンサーサイト





<<「はじめてのはたらくくるま」騒動について、シンプルに考えてみた | BLOG TOP | 白内障の手術、しちゃいました>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR