FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

高畠の素敵な二日間

  1. 2019/06/30(日) 15:01:59_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
山形の高畠町へ行ってきました。
高畠町文化ホール「まほら」でおこなわれた、
浜田広介記念館の開館30周年記念式典に出席、
その後はひろすけ童謡コンサートと創作オペラ『泣いた赤鬼』を鑑賞し、祝賀会へ。
高畠町のみなさんの、広介童話への思いの深さや、
文学や芸術への関心の高さを感たっぷり感じました。
記念館の皆さま、高畠町の皆さま、ありがとうございました。30周年おめでとうございます!

 ひろすけ記念館の赤鬼
  浜田広介記念館では、赤鬼がお出迎え 

翌日は市内の二井宿小学校からお招きを受けて、
二時間目に本の読み語りをしてきました。
この小学校は、全校児童43名、
1,2年、3,4年、5,6年がそれぞれ複式で授業を受ける、小さな学校です。
 
 校舎

1,2年生の21人は、童話作家のすとうあさえさんが、
わたしは3年生から6年生までの22人を担当しました。

授業の前に、みんなが校歌を歌ってくれました。
作詞は、そうです、浜田広介先生によるもの。
少人数なのに、なんて大きくのびのびと響く、元気な歌声!
みんな、この校歌が、この学校が大好きなんだなあ。

読み語りは、わたしは、「みんなも詩やおはなしを書いてみよう」というテーマで、
絵本、詩と、自作の「ピーター・パン リュウグウジョーへいく」(『魔法つかい赤ずきんちゃん』ポプラ社 より)を読みました。

みーんな真剣に聞いて、考えて、よーく笑ってくれて、ほんとうにありがとうね。

『もこ もこもこ』で、オノマトペのおもしろさを。 たにかわしゅんたろう 作・もとながさだまさ 絵 文研出版
④

 『漢字はうたう』杉本深由起 詩・吉田尚令 絵 あかね書房
で、はっとした気づきが詩になる、ということを。

⑦
『傘』ほか三編を読みました。

校内は、木の良さ、美しさを活かした設計。
畳の部屋があり(わたしが読み語りをしたのは、この畳の部屋でした)
フリースペースがあり、
      オープンスペース

ランチルームがあります。
 ランチルーム
  天井がすごく素敵でしょ。

これよこれ! なんかすごくいい! わたし、こんなスペースがほしかったの!
小学校や中学校時代って、家庭と学校で、日常が完結しがち。
しかも、「学校」というより、「自分の教室」。自分のクラスの人間関係ばかり。
いえ、居場所があるのはいいことですけどね。
「自分の教室」だけの小宇宙では、息が詰まりそうになることも。
それに、ほかのクラスに一番の仲良しがいたり、兄弟姉妹と話をしたいというときには、
よそのクラスに行くのはすごくたいへん。
 
こんなフリースペースや、全校児童いっしょに食事ができるランチルームがあれば、
心の風通しがよくなるんじゃないかな。

仮にそんなスペースがなくたって、この小学校の風通しは抜群、
みんな仲良しなのは、すぐに感じましたけれどね。
  
楽しい時間をありがとう、二井宿小学校のみんな。
校長先生はじめ、先生方には、とってもお世話になりました!

 校庭から
 校庭からは青い山

スポンサーサイト


<<ファンタジー欠乏症の処方薬 | BLOG TOP | 剣とビーナス>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR