FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

昭和の父

  1. 2019/06/16(日) 09:30:00_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は、父の日。
わたしの父が他界して、すでに30年近くたつ。
戦争を体験し、高度成長期に働いた、まさに昭和を生きた人だった。
記憶にあるのは、黙々と、一人で酒を飲む姿ばかり。

それでも、たまに父が家のことをする日があった。
初夏、網戸を出してきて取り付けたり、秋にはずして洗って納戸にしまったり、
春にストーブ類を片づけるのは、父の役目だった。
大きな網戸をひょいと苦もなくはずして持ち歩き、
ホースの水でじゃぶじゃぶ洗うのを
見ているのが好きだった。

月に一度、家々の真ん中を流れる側溝の清掃日があった。
つまりドブさらいの日。
わたしの実家は小さな家ばかりが集まっていた一角で、
他県から移り住んだ勤め人世帯ばかり、
父親同士の近所付き合いも、皆無だった。
それでも、父親たちは月に一度、共同でドブさらいをやってくれた。
ドブ板はコンクリ製だったので、男手でないとはずせない。
〇〇ちゃんちのおじさん、〇〇くんちのおじさんが、
ランニングシャツ姿で、重いドブ板をどっこいしょ、とはずしている。
みんな汗びっしょりになる。
うちの父もちゃんと作業に加わっていて、ほっとする。
父は人一倍不愛想だったので、子ども心にハラハラしていたのだろう。
ドブ板が全部はずれると、おばちゃんたちも混じって、
ほうきやちりとりでドブどろをかき出し、
バケツに水をくんできて、水が澄むまで流せば完了。

父親たちが、共に働いているところを見るのが、
わけもなくうれしかったっけ。
むっつりしていた男たちが、作業が進むにつれて笑顔になっていくのが、
新鮮だった。

無口で、わたしや姉と遊んでくれたこともない父の、
ささやかすぎる思い出だ。

さて、令和のパパたちは、昭和とは比較にならないくらい、家庭的なのではないか。
特に、子どものめんどうをよく見るパパが増えたなあと思う。

えむちゃんを寝かしつけて、自身も寝落ちするパパ(撮影はママ)
 
 05AD9CC7-2E2A-4228-AD6A-8BDF75F4F72E (1)

図書館へ絵本の読み語りに行くと、子どもたちを連れてきたパパが増えたこと!
今日、わたしの読む絵本をお子さんの後ろから熱心にながめていたのも、
若いパパだった。
時代は動いているんだな。


スポンサーサイト


<<剣とビーナス | BLOG TOP | 「父」の数字>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR