FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

つい、イケナイことを・・・

  1. 2019/04/28(日) 16:28:45_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わが町に、四つ目の図書館が開館し、
土曜日の午後、絵本読み語りボランティアに、いそいそと出かけて行った。

   DSC_0016.jpg

こぢんまりとした絵本コーナー。

           DSC_0018.jpg

集まってくれた子は、
幼稚園児の女の子ちゃんや、二年生の男の子ちゃん、三年生のお姉ちゃんなど、
年齢はばらばら。
なので、いつでも人気の、スタンダードな絵本から。
『くろねこかあさん』  東君平 作 福音館書店

             41l1TuxudBL__SX469_BO1,204,203,200_
 シンプルなデザインの「なるほど感」を楽しむ本。

『しりとりのだいすきなおうさま』  中村翔子 作 はたこうしろう 絵 すずき出版

        519GJ119T9L__AC_UL640_QL65_.jpg

これは、ほんまに小さい子から大きい子まで、しりとりで盛り上がる!
大人もニヤリ。

この本を読んでいる途中で、二年生の男の子ちゃんが寄ってきた。
わたしにぴったりとくっついて絵に見入り、
「サンドイッチ!」「ちくわ!」としりとりに応えてくれる。

男の子ちゃんから、育っていく若木のにおいがする。
やわらかいおなかの暖かさ。
ああ~~かわいいなあ。
わたしは、男の子の背中に片手をのばし、
おなか回りを軽く、かるーくだきしめた。
五秒後。
はっと気づいて、手をそろそろとひっこめた。

だめだめ、これはNG。
よそ様のお子さんを抱きしめたりしちゃ、だめ。
もし、読み手が男性で、子どもが小学生高学年の女の子だったら?
あきらかに問題になるよね。
わたしがオバサンであっても同じこと。
子どもに関わる仕事をさせてもらっているというのに、
「うっかりしてました、あんまりかわいいもんで」では、すまされないぞ。

思えばわたし自身、子どものころ、よく知らない大人から頭をなでられたりするの、
苦手だった。
「なんでなでるの?」「なんか恥ずかしい。ヤダ」と感じていたなあ。
でも、そのころは、嫌がる自分がおかしいと思っていたっけ。

うん、おかしくはなかったんだ。
ヤダはヤダで、いいんだよねえ。

子どものころの自分に、「よし!」とうなずくと同時に、
かわいいとつい手がのびてしまう罪深さも味わってしまった、
ほろ苦い春の日でした。
スポンサーサイト





<<世界で一番美しい市場 | BLOG TOP | 「しもべ」の玉葱>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR