FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

スマホを買っただけなのに・・・

  1. 2019/04/15(月) 15:44:47_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
数年ぶりに寝込んだ。おのれ、風邪ウイルス!
喉が痛くなり発熱したのは、先週の木曜日。
ウイルスを拾ったのは、水曜日か?
この日は全国的に真冬並みの寒さで、都内でも雪がちらついたほどだもの。
お天気のせいとあっては、是非もない。

いや、ちょっと待てよ。その前日の火曜日の夕方、妙に疲れていなかったか?
その日出かけていた先は、ああ~~! ソフトバンク!
スマホの機種変更に行ったのだ。
それまで使っていたスマホが、かなりヤバくなり、
通話は途中で何度も切れるわ、Facebookはフリーズするわ、
でも、よく聞くバッテリーのもちが悪くなるということはなかったので、
だましだまし使っていたのだが。
しかし、通話が終わって切ろうとしても、画面が真っ黒になって切れない! 
という事態が出現、
完全にオシャカ(死語だね)になる前に買わねば、
と急きょ自転車と飛ばしたのだ。

心のなかは嵐。
ヤダヤダヤダ、カネかかるのヤダ、機種変更に時間かかるのヤダ、
それ以上に、店員さんに何聞かれてもたぶんわかんないのがヤダ、
新しいスマホに慣れるための苦行がヤダ。
そうなのだ、わたしはいちじるしい旧石器人なのだ。
三年半前、初めてスマホを買ったときは、
手続きに4時間かかり、しかも当然操作方法さっぱりわからず、
店員のおにいちゃんに、
「ご家族にスマホの方、いないんですか?」と泣きっ面されたっけ。

今回はさすがに初回よりはマシで、時間も二時間ほどですんだ。
(でも、やっぱり二時間もかかったんだよなあ)
店員のおにいちゃんのこまり顔は、初回の四分の一くらいか?

それでも、帰りは疲労困憊。何で世の中にスマホなんてあるんだよーと
毒づきながらチャリを漕いだっけ。
うん、これだよ。「ウイルスさん、いらっしゃい」の原因は。
つまり、知恵熱か? 

新しいスマホで自室の窓から試し撮り。椿の下の埴輪夫妻です。
   DSC_0014.jpg
                           妖精っぽい感じでいいっしょ。

それにしても、こんなことを、生きている間にあと何回繰り返すことやら。
「新しい機種が出た、わーい、機種変更だ」
「あっちのプランがよさそうだ、わーい、ケータイ会社の乗り換えだ」
と、攻めの姿勢でスマホと付き合えればいいのだろうが、
一生かかっても無理。
わたしの、PCやスマホへの願いって、
「動きが遅くてもいい、便利なアプリが使えなくてもいい、
ただただ一日でも長生きしてね」ってことに尽きるもん。

ほんとうに、10年くらい長持ちするケータイやらPCって、現れないものか?
「アタシといっしょに、アンタも年とったねえ」なんていいながら
ディスプレイをみがいてあげるのになあ。

寝込んでいるあいだに、重版出来のお知らせが!
『クレオパトラ 強く生きた古代エジプトの女王!』(絵 佐々木メエ 学研プラス)

   表紙_ 帯付き

3刷りとなりました! 朗報に、ウイルス退散せよ!
スポンサーサイト





<<「しもべ」の玉葱 | BLOG TOP | 晴れやかで清々しくて・・・>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR