FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

亀たちの長い冬

  1. 2019/02/10(日) 18:18:19_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、大雪の予報が、小雪で終わって拍子抜け。
でも気温は低く、うちの三匹の亀たちもじいっとしている。

特に、一番下のミニラ(男子・推定25歳)の元気がない。
エサを食べない秋冬でも、けっこうゴトゴト動き回るのが常なのだが、
ミニラは、ほとんど動かない。手足を甲羅のなかに収納したままだ。

DSC_0594.jpg

思えばこのコは、6月の夏至すぎたあたりから食欲がなかった。
すでに絶食期間は半年を過ぎている。
持ち上げると、泣けるくらいに軽い。
だいじょうぶか、ミニラ? 春になって食欲が戻るまで、がんばれ!

なのに、だよ。甲羅は新陳代謝しているのだ。
このあいだ、甲羅の「一区画」がフカフカしていたので、
ぺりぺりとむいてやった。
それが、これ。はしっこがちょっと欠けているけれど。
 
      DSC_0584.jpg

「一区画」というのは、亀甲模様といわれる、こんな模様の六角形の部分だ。
(画像はキメラの甲羅)
 
        DSC_0602.jpg

亀の甲羅は古くなると、この六角形の表面が、
かさぶたが剥がれるように、剥がれ落ちる。
その下は、もうちゃんとした甲羅ができあがっていて、
新旧、すぐに見分けがつかなくなる。
絶食している最中なのに、亀の生命力って、どうなっているの?
神獣になれるわけだわ。
なんだが、生き神様をお守りしている気分になってしまった。
福を授けてけろ。

亀って、甲羅のなかに頭を全部収納すると、こんな顔。
鼻の穴しか見えない!

       DSC_0592.jpg

待ってると、だんだん顔がでてきます。 

 DSC_0593.jpg
                 DSC_0595.jpg
                  こんにちは~。
スポンサーサイト


<<ハモン・セラーノの因縁 | BLOG TOP | 選択縁>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR