FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

水難の日

  1. 2019/01/27(日) 15:06:37_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このあいだ、亀の水槽の水を替えるとき、大惨事があった。
水槽を落っことし
水をリビングにぶちまけちまったのだ。

   DSC_0468.jpg
  おいおい、おいらのおうちを粗末にすな!

秋冬、亀たちはエサを食べないけれど、冬眠もしない。
ウンチはしていないものの、水はけっこう汚れている。

その亀水(我が家ではそう呼んでいる) が床に広がり、わたしは3秒ほどフリーズ。
それから我に返って雑巾を取りに走り、7、8枚かっさらって
事故現場に投げ込む。
水槽といっても、幸い水は5、6センチくらいの高さしか入っていない。
雑巾で吸い取るのは、さほど難儀ではない。
でもね、ズボンやジャージの袖口がびしょ濡れ。
スリッパも水浸し。靴下も、その下のタイツも当然濡れている。
雑巾を取りに走ったろうかも、亀水で濡れてしまった。
すぐにスリッパを脱ぎ、靴下とタイツをぬぎ、着替えようとしたけれど、
お風呂に入らないまま新しいものを身に着けるのも気が引ける。
朝っぱらお風呂をわかすのも、なんだかなあ。でも、シャワーじゃ冷えそうだし。
きれいになって、着替えたところで、床掃除に戻ったらまた汚れるし。
しかし、濡れたままでは寒い寒い。風邪をひきそうだ。
かといって、着替えないままでは、衣類のしずくで、また床を汚してしまうし。

なんやもう、わけがわかんなくなってきた。
ざっと拭いてところで、お風呂に入らないまま着替えてしまった。
亀水浴びたって、ええやん! 
人類も爬虫類も、たいした違いはないぞ! 同じ地球の生き物じゃ!

年を重ねると、だんだんキレイ汚いの境界が甘くなっていくような気がする。
子育て中は、濡れた布オムツを素手でなんのためらいもなくつかんでいた。
オシッコが顔にぴゅっとかかったり、
ウンチを自分の顔につけてしまったこともあったなあ。
晩年の母のオムツ替えを、ほんの数回だがやったこともあった。
そんなこんなで、自分はきれいで、他者は汚いという感覚が、薄れていく。
それはたぶん、悪いことではないと思う。
うん、それは「成長」だ。
・・・と、10代のころ、頑なに自分専用のタオルを死守していた自分を思い出し、
ヘヘヘと笑った。

注! クサガメは常在菌として、サルモネラ菌を持っています。

         DSC_0030.jpg
         それがどーした? おまえらニンゲンも大腸菌とか、もってるやんけ! 

この水難の日、汚れ水をふきとったあと、せっけん水でふいて、さらに水拭きし、
サッシを開けっぱなしにして床を乾かしましたよ。
ぬれた衣類はすぐに洗濯し、スリッパも洗って天日干し。
手は、石鹸で念入りに洗ったよ。
そのへんはきっちりやりましたわ。
スポンサーサイト


<<選択縁 | BLOG TOP | かわいくておしゃれで素敵な魔女作家さん、あんびるやすこ先生の講座>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR