FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

かわいくておしゃれで素敵な魔女作家さん、あんびるやすこ先生の講座

  1. 2019/01/20(日) 16:45:36_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしは、見習い魔女のナーミ。
先輩魔女の物語を夢中になって読んでいたの。
気がついたら日がかげってきたので、カーテンをしめにいき、
ふと鏡に目をやったら、いやあ~~~~~!!
でかい顔のおばさんが鏡のなかに! 
だれこのおばさん? ううん、おばあさん前期かもしれないけど。
えっ、まさかこれわたし? わたし、だれかに呪いをかけられたの?

・・・というできごとがありました。
ミリオンセラー児童書作家さんである
あんびるやすこ先生の、『なんでも魔女商会』のシリーズを読んでいたときのこと。
わたしはマジで、自分が、あんびる先生描く、
きゅっとかわいい女の子の気分でいたのです(笑止)。
で、鏡の前で現実にもどされ、げえっと叫んでしまったわけ。
上質の物語は、女のコと元女のコすべてに魔法をかけてしまうのですね。

そのあんびる先生の講座が、昨日開催されました。
日本児童文芸家協会主催「あんびるやすこ創作講座 あんびる流ミリオンセラーの作り方」。
わたしは、スタッフ。
企画して、あんびる先生と打ち合わせして、当日の準備・・・と忙しいのはたしかですが、
一受講生として出席するよりも、さらに濃~~い勉強をさせていただけるのが、
スタッフのありがたさですね。

会場は、都内神保町の「ブックハウスカフェ」2階ホール、このブックカフェは
児童書専門店であり、人気スポットです。

          DSC_0034.jpg
                         DSC_0026.jpg
    

会場は、ガチで創作スキルを学びたい人でびっちり満席。

        DSC_0576.jpg

あんびる先生は、最新作の
『なんでも魔女商会26らくだい記者と白雪のドレス』(岩崎書店)の
創作の手順を中心にお話されました。
 
    無題
          
内容は具体的でものすごく実践的。まあその綿密なこと!
詳しくはいえませんがね(講座に来てくださった人だけのひみつだよ~ん)
まさにプロ中のプロ。
ミリオンセラー作家さんとは、こういうものか、と胸が高鳴るような
背筋がぞくっとするような。

惜しげもなくまるっと創作手法を公開してくださるあんびる先生には、
深く感謝するばかりです。
質問コーナーも、「書き手」の熱意を感じさせていただけるものばかり。
聞きごたえありました。

それにしても、あんびる先生の頭脳って、もしや理系?
あのわかりやすいプロットシートを始めとする創作手順に、
(どんなものかは、講座に来てくださった人だけの秘密だよーん)
科学的な明解さを感じました。

あ~、おもしろかった!
スポンサーサイト


<<水難の日 | BLOG TOP | 戦争がコワイので、こんな本を読んだ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR