FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

埼玉で地獄を見た!

  1. 2018/12/30(日) 15:46:49_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
地獄を見てきた。

近所の文学館で「古典文学講読講座 埼玉地獄案内
~古典作品からみる人々の生活と思想」(全四回)を受講していたのだ。
古代、中世、近世の「地獄と閻魔」が、
当時の日本人にどんな影響を及ぼしていたのか、という講座だった。
講師は、明治大学の先生、田村正彦氏。
『古事記』『日本書記』から『日本霊異記』『往生要集』、
『太平記』『大日本国法華経験記』などなど、
ふだん目にすることのない、た~くさんの文献を集めて、解説してくださった。

地獄って、おもしろい。
古代は死後の世界は「黄泉の国」であったのが、
仏教の広まりとともに地獄思想が定着した。
お坊さんの読み解く地獄絵図が、民衆をビビらせ、
臨死体験して三途の川を渡って地獄を見、生還した人の「地獄めぐり」の話が
リアリティたっぷりに語られていた。
時代が新しくなるにつれて
「嘘つくと地獄で鬼に舌を抜かれるよ」的なしつけや脅しの効果は薄れ、
地獄めぐりのパロティの笑い話が登場、
地獄の沙汰も金次第、という文言も出てくる。
だんだん、地獄の権威が薄れていくわけだ。

これは、タイで葬儀の時にお棺に入れるお札。田村先生からのプレゼントだ。

DSC_0528.jpg

あの世で、係官に渡すためのものらしい。
中央に閻魔様の絵。「冥都銀行 拾億圓」だって! 
どこの国も、地獄の沙汰も金次第なのね~。

地獄は女性に酷い。女なら100%地獄行き、と定められていたそうだ。
ひどすぎ~。
逆に、オトコの地獄で笑えるものもある。
刀葉林(とうようりん)という地獄だ。
木の上に、艶やかに美女が微笑んでいる。
鼻の下をのばし、うへうへと登っていくと、葉は鋭い刃物になっていて、
血がダラダラ・・・。マッタク男って。

興味を惹かれたのは「奪衣婆」。
三途の川で、死者の衣をはぎ取るお婆様だ。
衣の重さで、現世での罪の重さが計れるのだそうだ。
奪衣婆の像は、全国にいくつもあるらしい。

田村先生所蔵の奪衣婆と地獄絵図

    DSC_0466.jpg
                     DSC_0467.jpg

地獄を、日本人はいつまで信じていたのだろう。
大・水木しげる翁は子どものころ、近所に住む「のんのんばあ」に連れられ、
お寺の地獄絵図を見に通っていたそうだが。
わたしが子どものころは、「地獄で閻魔さんに」的な脅され方をした覚えはないし、
そんな話をしたこともない。
でも、地獄はあると信じるも自由だ。
特に、物語の世界ではね。

三途の川、奪衣婆、といえば、これがおもしろかった。
『三途の川で落としもの』西條奈加 幻冬舎 絵 Nao

      61mjuR9bkIL__SX340_BO1,204,203,200_

橋から落ち、意識を失って三途の川にやってきた六年生の叶人。
出会ったのが、「ダツ・エ・ヴァ」だ。
ゲームのキャラのような派手なローブ姿、黄緑色の瞳に金髪で登場する。
このいでたちは、叶人が「ダツエバ」という音だけで頭に浮かんだイメージが
具象化した、ということらしい。
叶人は三途の川の“渡し守”を命じられ、死者の未練を叶えてあげるはめに――。

地獄めぐりの絵本といえば、これ。
『じごくのそうべえ』たじまゆきひこ著 童心社

           そうべえ

上方落語『地獄八景亡者戯』を元にしたロングセラー絵本。
綱わたりの最中に、綱から落ちてしまった軽業師のそうべえ、
山伏や歯ぬき師、医者といっしょに地獄へ。
軽妙な大阪弁で語られる地獄めぐりの物語だ。
さて、そうべえは生き返るのかな? 

地獄をすみっこまでたっぷり楽しみたいなら、
『鬼灯の冷徹』1~ 江口夏実 講談社 

       610DeVmNPWL__SX355_BO1,204,203,200_

広大な地獄でハードワークに励む獄卒(鬼)であり、
閻魔大王第一補佐官である鬼灯の物語。
いろいろな地獄や現世との関わりがブラックに楽しく味わえる。

2018年最後のブログが地獄の話というのも、意味があるようなないような。
ともあれ、2019年も金亀苑を開いていただけましたら、幸甚に存じまする。
スポンサーサイト


<<この一瞬を | BLOG TOP | 昭和の「クリスマスの思い出」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR