FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

埼玉でこんなイイものが!

  1. 2018/12/09(日) 15:52:40_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
おもしろいものを見た。

鮭の遡上だ。しかも、“亜熱帯”である埼玉県内で!
鮭がやってくるのは、群馬県と埼玉県の県境を流れる坂東太郎・利根川。
自然遡上の南限とされている。

出かけていったのは、埼玉県行田市にある「利根大堰」だ。
この堰の三か所に魚道があり、鮭やコイの仲間たちが遡上するらしい。

利根川と利根大堰
② (2)

② (1)

魚道 
④

魚道のわきに「大堰自然の観察室」が設けられていて、

③

ぶ厚いガラス越しに魚道が見えるようになっている。

⑤

鮭の遡上は、12月中旬まで。
そろそろシーズンが終わるころで、鮭の姿、なかなか見えず。
小さいコイの仲間が、やってきた。
水流に逆らっていっしょけんめい上ろうとするが・・・
なかなか進めないの。がんばれ! 

⑦ (2)

しかし、なんのために上るのかな? 鮭と同じく、産卵のため?

待つこと30分。
キターーーーー! 
スマホを構えたけれど、間に合わなかった。
水流、けっこうキツイのに、鮭サマったら速いの!
あっというまに、泳いでいってしまった。

もう一匹来ないかな~と、じっと待つ。
すると・・・来た来た!
コンクリのブロックみたいなところを、
大ジャンプして来た!
思わず拍手。

こんなイイものが、埼玉県内で見れるなんて!
 
⑦ (1)

 アワアワで、鮭サマのすがたを、こんなふうにしか撮れず、残念!
(アワのせいではなく腕のせいです)

ここでは、11月には、産卵観察会も開かれている。

鮭は、この堰を1シーズンに数千匹、遡上するそうだ。
太平洋を渡り、千葉の銚子のほうから利根川に入り、
はるばる埼玉までの長旅だ。
春には、なんと鮎が、数万匹もやってくる。

埼玉人の埼玉知らず。こんないいところがあったなんて!
いっしょに鮭ツアーを楽しんだのは、
埼玉文学館を拠点とする童話サークルのみなさん。
案内役のTさん、ありがとう!

ランチは、行田市内の古民家カフェで。

⑧

車のなかでは、五家宝(ごかぼう、と読みます)やらイガ饅頭やら、
埼玉伝統スイーツの話で大盛り上がり。
埼玉人と、埼玉県内で遊ぶって、楽しいなあ! 

ここ行田には、「のぼうの城」の舞台の忍城や、
さきたま古墳群があり、大好きな街だ。
この魅力、もっともっと、日本中にアピールしてもいいのでは?
埼玉人って、「なーんにもないとこだよ?」が口癖になっているんでない?

スポンサーサイト


<<新刊、出ます!「マイヤ・プリセツカヤ たたかう舞姫」 | BLOG TOP | 合評の時間にありがとう>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR