FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

合評の時間にありがとう

  1. 2018/12/02(日) 16:43:49_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
昨日は、ドキドキの一日だった。
日本児童文芸家協会主催の「デビューを応援するステップアップ講座」で
受講生の作品の講評を担当しちゃったのだ。
もう一人の講師は、先輩作家の沢田俊子さん。
沢田さんがいてくださるなら、安心安心。

17名の受講生の短編作品は、どれもハイレベルで、
個性を感じさせるものがたくさんあった。
沢田さん評とカナジ評が、食い違っているときがあり、むしろほっとした。
まったく同じでは、講師二人体制の意味がないもんね。

講評していると、
ひとの作品について、よくもぺらぺらと語れるものだぜ、
自分のヘボさを完全に棚にあげて・・・と心の声がチクチクと。
こんなキビシイこと言ってしまって、
すんませんすんませんと、弱気の虫が顔を出す。

それをドンと追い払ってくれるものがある。
「さわらび」そして「若樹」だ。

「さわらび」は、21年間お世話になった児童文学創作サークルで、
デビュー作も、この同人誌掲載の作品が元となっている。
サークルの先輩たちからの批評は、いつもていねいで的を得ていた。
わたしも、先輩たちの作品について、
ぺらぺらと、思いつくかぎり、しゃべりまくっていたっけ。

そんな「さわらび」での修業時代、時おり頭によぎったのが
学生時代に入っていた児童文学サークル「若樹」のことだった。
入会して、初めて作品を書いて(箸にも棒にもかからないシロモノ)、
初めて合評会なるものに参加した。
驚いたなあ。
自分では、書けているつもりだったのに、
本当はあんまりきっちり考えてなくて、
適当に流して書いちゃった箇所を全部、先輩たちにずっぷり指摘されたのだ。
「ここ、意味よくわかんない。なぜ主人公は、こんなこといったの?」
「え・・・なぜって・・・。なんとなく~」
そう、弱いところは、読み手にすぐバレる。必ず見つかってしまう。
合評会ってすごい。
うまくなるためには、ひとに原稿を読んでもらわなくちゃ、ダメなんだ。
・・・と、18歳のわたしの、目からウロコ体験だった。
その思いがあるから、「さわらび」でも、先輩たちにナマイキなことが言えた。
そして、こんなキチンとした講座でも、いっちょまえに講師として
話すことができる。

「若樹」は、大学のサークルだから、卒業とともに離れた。
「さわらび」も、同人誌27号をもって、2014年に幕を閉じた。
真剣で一所懸命、落ち込むこともいっぱいあったけど、
ものすごく楽しかった合評の時間に、心をこめて、ありがとう。

京都在住の沢田さん、こんな素敵なお菓子をおみやげに。
なんと、綿菓子! 綺麗すぎる! もったいなくて食べられないよう。

DSC_0471.jpg

主催の委員会のまりちゃんと、事務局のふみちゃんからの、心づくしのお菓子とお茶。

DSC_0480.jpg DSC_0481.jpg

オシャレすぎるかぶきあげ、
「イタリアントマト&バジル」味と「チェダー&カバンベール」味。
お茶は、ボトルキャップをひねると、お抹茶がボトルの中のミネラルウオーターに落ち、
出来立てのお茶になるというもの。おーいしー!

ハイ、食べ物でモチベーション上がるオンナです。
スポンサーサイト


<<埼玉でこんなイイものが! | BLOG TOP | 金魚の金ちゃんになった日>>

comment

昨日は、ありがとうございました!!

  1. 2018/12/02(日) 17:44:16 |
  2. URL |
  3. 星野良一
  4. [ 編集 ]
金治直美先生

こんにちは。児童文芸家協会会員の星野良一です。
昨日の短編講座、そして、そよ風コンクールでは、大変お世話になりました!
そよ風コンクールをきっかけに、児文芸の正会員になれ、いろんな機会に参加できるようになれました。感謝です。

先生がお話された、阿刀田高先生のショートショートコンテスト、時々、投稿していました(笑)
先生方のご指導を力に、また新しい創作に取り組んでいきたいです。
本当にありがとうございました!!

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR