FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

金魚の金ちゃんになった日

  1. 2018/11/25(日) 14:43:51_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先週、「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」の授賞式があった。

毎年、選考委員のはしくれとして出席しているが、
今回は重要なお役目を、申し付かった。
幼児・低学年部門の最優秀作品「金ちゃんのおとしもの」の朗読だ。
ハイ、その人選は、わたしが日ごろ「金ちゃん」と呼ばれているから、だけなんですがね。

作品は、可愛がっていた金魚ちゃんの死を
この上なく優しく暖かく描いたもので、じーんときます。
大人には書けないなあ。

朗読のとき、わたしは、赤い金魚ちゃん帽子と、
朱色やオレンジにひらひらするスカーフをつけて、壇上にあがった。
 
     00010001.jpg
                DSC_0452.jpg

このかわゆい帽子は、選考委員のお仲間のTさんが貸してくれたもの。
むふふ、テンション上がるう! ええ、恥ずかしくなんか、ないっすよ。
むしろ、成り切ることができて、いいカンジ!
調子に乗って、集合写真撮影のときもかぶったまま。

ふと、ハロウィンの渋谷の騒ぎを思い出した。
仮装しちゃうと、「いつもの自分じゃないもんねー」と解放感たっぷりで、
やっぱりテンション上がるんだなろうな。
それが、何万人もあつまるのだから、集団心理も働き、
残念なマナー違反やら犯罪行為まで出てくるわけだ。

「素顔を隠す」、それを逆手にとる心理療法もあるそうだ。
授賞式のあとの懇親会で、選考委員のOさんから聞いた話。
ピエロのマスクをつけた姿で、カウンセリングを受ける。
すると、別の人間であると自分自身を「だます」ことができ、
心の奥に淀んでいた思いを客観視して、はきだすことができるのだそうだ。
そのとき、あのピエロの大きな鼻が役に立つらしい。
仮面をかぶっても、鏡に映さなければ我が姿を見ることできないけれど、
「鼻」は、唯一、鏡なしでも目線を下げればその形がおぼろげにわかるから。
「あ、今、わたしは〇山〇子ではない、ピエロだもんね」という解放感が、
心理療法上、いい効果をもたらすんだって。
なるほどね~。

どうせなら、仮面やコスプレを、いいことに使いたいね!
「金ちゃんのおとしもの」の作者のリンくん、喜んでくれたかな?
 
もしや、ただの「イタいおばさん」だったりして!

       DSC_0459.jpg
スポンサーサイト





<<合評の時間にありがとう | BLOG TOP | かなわなかった夢でも・・・>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR