FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

どうぶつの物語に個性がいっぱい

  1. 2018/11/04(日) 16:54:53_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このところ、どうぶつヅイています。
先輩やお友だち作家さんの新作を、
立て続けに読んでみたら、たまたまどうぶつものばかり。
どれも、その作家さんの個性や思いがむんむん。

『こすずめとゆき』 深山さくら 文 黒井 健 絵 佼成出版社

 51TEWy9G_EL__AC_US200_.jpg

 はじめて雪を見たこすずめと、かあさんすずめの物語。
 五感をふるわせてくれる美しさです。
 すずめの子になりきって、初めて出会う雪のふしぎさと美しさ、
 かあさんとすごす日々の温かさを味わうことができます。
 小さな命を慈しむ物語や絵本を多数出版されてきた深山さんの、本領発揮。

『ゆうなとスティービー』堀米薫 作 丸山ゆき 絵 ポプラ社

 51Ht8DZN18L__AC_US200_.jpg

  ゆうなの家は、牛を飼っています。
あるとき、生まれた子牛の目が見えていないことがわかって――。
命をめぐる絵本です。
 作者の堀米さんも、牛を飼う農家さん。その忙しい家業のかたわら、
農業や東北の地に根差した優れた物語を、何冊も生み出しています。
 
『ぼく、アーサー』井上こみち 文 堀川理万子 絵 アリス館

  51Irp9D-06L__AC_US200_.jpg

 ノンフィクションを題材とした絵本で、
アーサーという盲導犬の「犬生」を感動的に描いています。
筆者は、長年ノンフィクション作家として第一線を走ってこられ、
特に動物ものでは追随を許さない作家さん。
その取材力やこれまで作品にこめてきた思いが、
絵本の形に集大成されています。

『犬の車いす物語』沢田俊子 文 講談社 青い鳥文庫

  51VzJUi7NvL__AC_US200_.jpg

 こちらは、中学年向きのノンフィクション物語。
 事故や病気や加齢で、歩けなくなってしまった犬たちのために、
車いすを手作りしているご夫妻。
そして、車いすで「犬生」が激変した犬たちの物語です。
沢田さん、どれだけの熱をこめて取材されたことでしょう。
その「情の濃さ」、熱い思いが伝わってきます。


こうして続けて読むと、それぞれの作家さんが、
これまでの作家人生で培ってきた個性、
それにより集約されてきた「得意分野」が
よーく見えてきます。

そう、この二つを持っているかどうかが、
作品が世に出るか地に埋もれるかどうかの
分かれ道なのかもしれないな。

・・・な~んて、自分はどうよ? とつっこんでみた秋の夜長でした。
スポンサーサイト


<<親というヒトを思う11月 | BLOG TOP | 秋が来たのはいいけれど・・・>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR