FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

秋が来たのはいいけれど・・・

  1. 2018/10/28(日) 14:44:28_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋だな~。亀のキメラがエサを食べなくなった。

     DSC_0415.jpg
  エサをやっても知らん顔のキメラ

うちの亀たちの食欲は、もしかしてかなりヘンかもしれない。
男子のガメラ、ミニラは、本格的に食べだすのが4月くらいで、
それから夏至をピークにきっちり食欲が落ち、
8月にはもうほとんど食べない。
つまり、食べる期間は四か月ほど。

変温動物だから、気温が下がれば食べなくなるのは当たりまえだが、
8月の一番暑い盛りに、ろくに食べないって、どうよ?

女子のキメラは、産卵が終わらないと、食欲が出ない。
トシのせいで産卵時期はどんどんずれていき、今年は6月も終わるかというころだった。
それから、大急ぎでガツガツ食べ、10月の終わりには「食べ止め」だ。
こちらも、ちゃんと食べるのは4か月間くらい。

その後、秋が深まり冬が訪れても、三匹とも冬眠するでもなく
水槽のなかを平然とゴトゴト歩き回っている。
見なれているとはいえ不思議な光景だ。

  DSC_0416.jpg
     「食べ止め」してすでにに二か月、なのに水槽の底に小砂利をしかないと
     ガタンガタンとうるさい、元気なガメラ

女子も男子も、食欲のある4か月くらいのあいだで、
一年分の栄養分をためこんでいるってことか。
そんなことができるのだろうか。
数年前までは、もうちょっと食べる期間が長かったのだが。
育ち盛りには、夏は一日二回、エサやりしていたし。

亀の飼育法などを読み、またネットで検索してみると、
「寒くなったら水槽をヒーターなどで温め、食欲が落ちないようにしてください」
などど書いてある。一年中お食事をなさる亀サマもいてはるということか。

おい、だいじょうぶか、亀たちよ。
春まで、無事に生き延びるんだぞ。

先週、今シースン初めて、散歩道から富士山が見えた。

空地には、コキアが! 近所の人が植えたのかな?

    DSC_0375.jpg
スポンサーサイト


<<どうぶつの物語に個性がいっぱい | BLOG TOP | 屋久島の森でうろうろ考えた>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR