FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

シベリア紀行 その1 ロシアは広い!

  1. 2018/08/26(日) 20:36:26_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
地平線が見たい。
それが、中学生のころからの夢だった。
だから、行ってきました。シベリアへ。
「バイカル湖とシベリア鉄道五日間」のツアーに参加してきました。

往復ともチャーター機で、ロシアの「アンガラ航空」、
七五人乗りのちっちゃい飛行機だ。
座席は、二席と三席で、バスみたいな感じ。

3アンガラ航空の飛行機

実はわたし、ちょうど旧ソ連時代を生きた人の自伝などをこってりと読んでしまったので、時代が違うってわかっていても、
えっ、ロシア機? 整備はだいじょうぶ? 
ホテルは、お湯がちゃんと出るか?など心配だらけ。

初日は、ロシアのなかのブリヤート共和国の首都、
ウラン・ウデに、現地時間11時に到着。
時差はマイナス一時間だから、とても楽。
ホテルは、大きくてりっぱ、設備もちゃんとしていた。
タオルと石鹸以外のアメニティはないと聞かされていたが、
シャンプーや歯ブラシ、スリッパ、
お水のボトルや紅茶ティバッグやインスタントコーヒーもある。
ぜったい無いと思っていたドライヤーや湯沸かしポットもある。
おみそれしやした。
ドライヤー、持参するのが面倒なので、
髪の毛ちょん切ってきたんだけどね。

翌朝、ホテルの窓から見たウラン・ウデ市内。う~~ん、美的ではないな。
DSC_0254.jpg


朝食の、コケモモなどのべリーのミックスジュース(左)と、
ライ麦パンを発酵させて作るクヴァスというドリンク(右)。
これ、ちょっと香ばしくておもしろい。
パンを発酵させたドリンク? びっくりだけど、甘酒だってゴハンを発酵させるもんねえ。

 DSC_0257.jpg

さて、二日目はウラン・ウデからバスで一時間ほどの、
セメイスキーの人々が住むタルバカタイ村へ。
セメイスキーというのは、ロシア正教の一派ではあるけれど、
「古儀式文化」というものを受け継ぐ人々で、
世界無形文化遺産に登録されているそうだ。
セメイスキーの家は、窓や壁を色鮮やかに塗っていて、おしゃれ!

                  村のなかの家
家2
 

セメイスキー民族博物館で、
 民俗資料館入口

昔からの農機具や生活用具の見学。
どこの民族も、人間の営みというのは、大きくは変わらないなあ。
でも、バターを作るための桶などは、もちろん日本にはないね。

 バター桶

めずらしいのは、棺桶。
          かんおけ

セメイスキーの人々は、大人になるとそれぞれ木を切り倒し丸太にして、
それをくりぬいて何年もかけて自分用の棺桶を用意するという。
「終活」を、10代の終わりくらいから始めるわけだ。いいかも!

資料館の壁も、かわいくペイントしてあった。どこの家もこうして、家の中を飾るらしい。
長い暗い冬を、少しでも華やかに過ごす工夫だそうだ。

         壁画


村の民家で、セメイスキーの民族音楽を鑑賞。
みんな年配の歌い手さんばかりだけど、
すごい声量、みごとに重厚なハーモニーで、すごくよかった。

 音楽
             
圧巻は結婚式の再現。
日本人のご夫妻が花嫁と花婿の衣装を着せてもらったのだ。
社会人のお子さんのおられる中年ご夫妻だが、
きらびやかな衣装を一枚ずつ重ねアクセサリーを付けていくと、
どんどん若やいで、娘さんと若者の姿に見えてくる。
ツアーのみんなから、「おめでとう!」の声がかかる。
いやー、ほんま素敵でしたよー。

   結婚式

昼食は、セメイスキーの伝統的な家庭料理。
ゆでじゃが添えの牛肉の塩味煮込み、
赤いベリーのジャムをぬったパンや、ブッラクベリージャムを入れて焼いたパン、
塩味のねじりドーナツ、ピロシキ。
サーラとよばれる、豚バラ肉の塩漬けや、サラダ。
黒くてねっとりしたデザート、ひまわりの種で作るっていってたかな?
きなことチョコを混ぜたようなおもしろい味。
どれも、素材の味がわかる素朴なおいしさで、大満足だった。
   
料理3
                 料理1
                                        料理2

特に、パン類が異様にウマイ! 
わたしは小麦粉に軽いアレルギーがあるので、
日ごろあまりパンや麺類は食べないようにしていて、
パン、麺合わせて10日に一度くらい。
だから、たまにパン類を食べるときに、まずかったりすると腹が立つ。
この日のパン類は、持ってかえりたいくらいだった。

その日の夕食は、ウラン・ウデのレストランで、ブリヤート料理。
ボーズとかブーズとよばれる、でっかい小籠包のようなものが出てきて、
ナイフとフォークが添えられている。
切ると、肉汁がダバダバ・・・。ああ、もったいない!
皿をもちあげてすするか?と恨めしくにらんでいたら、
現地ガイドさんが、「これは本来は手づかみで食べるもの。
まず、てっぺんの穴から、肉汁を吸ってください」とおっしゃる。
うっしゃー! その通りにかぶりつくと、5割増しでおいしい。

   ボーズ

手も顔もベトベトで、なんか幸せ。

ああ、昔ながらの食べものはいいなあ。

民族音楽団がやってきて、演奏とダンスを披露してくれたが、
モンゴルの音楽やダンスとそっくり!

  踊り、モンゴル風

それもそのはず、ブリヤートの全人口の約4分の1は、モンゴル系の民族だそうだ。
そこここで、日本人そっくりの人をいっぱい見かけたよ。
セメイスキーの歌を歌ってくれたおばちゃんなんて、わたしの伯母にそっくりだ。
しかもここウラン・ウデは、モンゴルの首都ウランバートルと近い。
(といっても400キロ以上はあるけどね)
午後に見学した、ロシアチベット仏教の総本山、イヴォルギンスキー・ダツァンも、
モンゴルで見た寺院とよく似ていた。 
  イヴォルギンスキー・ダツアン


ロシアは広い。
四日目の夕食で入ったイツクーツクのレストランは、
ウスベキスタン料理店だったが、かの地も独立前は旧ソ連の構成国だった。
カスピ海に近いのに、ここもソ連だったのか!
ウズベキスタン料理の牛肉の岩塩焼きを食べながら(ウマイ)、
露出度の高い、くねくねしたベリーダンスを見たあと、
次にロシア民族舞踊ショーがあって、その対比がおもしろい。

                                DSCF8776.jpg


   ロシア民謡

ロシアの広大さに、ちっこい島国のおばさんは、
頭がクラクラしたのでした。

次回は、シベリア鉄道記です。
スポンサーサイト


<<シベリア紀行 その2  シベリア鉄道 ごっとんごっとん | BLOG TOP | 「73年目」に寄せて>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR