FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

「73年目」に寄せて

  1. 2018/08/12(日) 14:21:08_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
今年も、終戦の日が近づいてきた。
何度でも書くが、わたしが一番怖いもの、それは戦争だ。

『火のカッパ』うるしばらともよし・作 やまなかももこ・絵 国土社 2018

   カッパ

戦時下の東京下町。
「東京大空襲」で火に追われにげまどうゲンタは、
炎のなかで、「むこうににげろ!」という声を聞く。
その声の持ち主は、もしや・・・
著者は、子ども時代に「悪さをするとカッパが来て隅田川に連れていかれるぞ!」
と祖母からおどかされ、カッパの存在を信じていたそうだ。
そう、カッパはほんとうにいる。この絵本を読むと、信じられる。
そして、カッパも平和を願っている。間違いなく。

その東京大空襲とは? 事実を丁寧に掘り起こし、
戦争を知らない世代にわかるように書き記したノンフィクションが、
『東京大空襲を忘れない 』瀧井 宏臣 ・著 講談社 2015

     空襲

空襲の体験者の証言は、あまりに悲惨で胸がつまる。
けれども、筆者の文章は暖かく、平和への祈りにあふれている。
数字の力がすごい。米軍により落とされた焼夷弾は32万発、
なくなった人はおよそ10万人。
「ヒロシマ」の死亡者数が12万人、「ナガサキ」が7万人だから、
その被害の大きさがわかる。
その焼夷弾とは? 「木と紙でできている日本の家屋」を効率的に燃やすために、
特別に開発されたものだそうだ。
だからこの空襲は「無差別攻撃」ではなかった。
禁止されているはずの民間人虐殺であり、「住民標的爆撃」だった、という。
これは、「無差別」よりも、数段ひどいんじゃないか?

そもそも、太平洋戦争て、どんなの?
そんな小中学生の疑問に答えてくれる物語が、
『ガラスの梨 ちいやんの戦争』
越水 利江子・著 牧野 千穂 ・イラスト ポプラ社 2018

        梨
 
戦時下、大阪の小学生だった「ちいやん」が体験した戦争。
かけがえのない日常が、少しずつ戦争という巨大な狂気、狂鬼にむしばまれていく。
兄の出征。動物園の動物たちの末路。愛犬にも恐ろしい運命が待ち受ける。
疎開、大阪大空襲。飢え。
どんなむごい環境でも、人は優しさを忘れない。希望を捨てない。
一日一日を、せいいっぱい生き延びる。
筆者のお母様の体験をもとに描かれた、渾身の物語だ。
「ちいやん」の辛さ、恐ろしさ、兄への思慕、「キラ」を守り抜いた思いが、
すんすん胸に迫ってくる。
戦争児童文学の決定版となるだろう。
それにしても、澄恵美姉やん、かっこええ!

「ちいやん」のおかあさんは、泣きじゃくる娘に語る。

「泣きな。泣いても怒っても、もうあてらには、どうしようもない。
これが戦争なんや・・・!」

ああ。
こんなことばを、
世界中の人が二度と口にしなくてすむ未来になるといいなあ。
スポンサーサイト


<<シベリア紀行 その1 ロシアは広い! | BLOG TOP | ちぢむのは悲しいけれど・・・>>

comment

ありがとうございます❣

  1. 2018/08/12(日) 19:37:11 |
  2. URL |
  3. rieko
  4. [ 編集 ]
『ガラスの梨 ちいやんの戦争』#ポプラ社 をご紹介して頂きありがとうございます!
沢山のお母さんやお父さん、子どもたちに読んでもらいたいです。子どもたちの未来のためにこそ~
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR