FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

物語の吸引力って

  1. 2018/07/29(日) 17:01:17_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
埼玉県立近代美術館で、「浦沢直樹展」見てきました。

浦沢

わたしは、めちゃコアなファンというほどではありませんが、
この作家さんの画力と物語の大きさ、濃さには、リスペクトするしかない。

わたしが初めて読んだ浦沢作品は、『MASTERキートン』(長崎 尚志・原作 小学館)で、
その内容の広がりと密度、絵の魅力に圧倒されました。

       キートン

絵については、この方の描く人物は、どれも魅力的ですが、
注目しちゃうのは、主役でもわき役でもない「その他大勢」。
たとえ一回きりの登場でも、なんだか背負っている人生が感じられるの。
ああ、この作家さんは自分が生み出すキャラを愛していて、
そしてご本人は間違いなくマンガの神様から愛されているんだなあ。

展覧会は、原画やスケッチ、少年時代のマンガノートなどがいっぱい、宝の山。

 浦

                浦2
 (画像は、『20世紀少年』(小学館)のパネルと立体像。撮影可)

原画を見ていると、あっという間に作品世界に引きずり込まれます。
この吸引力がすごい!
作家という 「創造主」のエネルギーですね。
           

さて、児童書界で吸引力ハンパないな~と感じたのは、
戸森しるこさん。
デビュー作の『ぼくたちのリアル』(絵・佐藤真紀子 講談社)が
昨年の児童文芸新人賞はじめ、読書感想文全国コンクールの課題図書になったり、
またたくまに大活躍。

      リアル

ひらたくいえば、三人の少年の友情物語で、
とくにぶっといストーリーがあるわけではないのに、
主人公の思いに引っ張られ、あっというまに物語の世界へ。

海外の作品では、『スピニー通りの秘密の絵』 ( ローラ・マークス フィッツジェラルド・著 千葉 茂樹・訳 あるなろ書房)
引っぱられましたあ!

 スピニー

ニューヨークを舞台にした、美術ミステリーというのかな。
主人公の女の子が、経済的な事情から、ある美術上の謎を解くことになり、
たまたま出会ったセレブ女子と協力して・・・。
ミステリーだから、吸引力強くて当たり前っちゃ当たり前なんだけど、
謎解きしていく過程で出会う人たちがユニークだったり、
セレブ女子との会話がおかしかったり、辛く重たい時代を旅させてくれたり、
極上の読書タイムをもたらしてくれました。

ああ、吸引力。どうやって身に着けるのかなあ。
いや、天性のものなんやろうね。
な~んて、ひとごとのように書くなって! 

スポンサーサイト


<<ちぢむのは悲しいけれど・・・ | BLOG TOP | かしこいエルゼに学んだわ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR