FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

かしこいエルゼに学んだわ

  1. 2018/07/22(日) 18:37:46_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
我が家に、えむちゃん遊びに来た。
この冬生まれた女の子の初孫ちゃんだ。
新人ばーばは、ドキドキする。
というのは、我が家はめちゃくちゃ「バリアありー」の家で、
段差やでっぱりがひどいのだ。
えむちゃんが寝返りして、「畳スペース」から落っこちたらどうしよう。
「畳スペース」は、床から30センチほどの高さの「崖」なのだ!

幸い、ごろごろ連続寝返りは、まだのようで、今回は転落の危険はなかった。

        えむ③

しかし、はいはいやあんよができるようになったら、転落は必至。
さらに、駆け回るようになったら、テーブルやピアノの角にぶつかるにちがいない。

ふと、グリム童話の「かしこいエルゼ」を思い出す。
かしこいという評判の娘、エルゼに縁談がもちあがり、
相手の若者、ハンスが家に遊びに来た。
母親に命じられ、地下室へビールを取りに行ったエルゼ、
ビールの樽の上の棚に、職人がうっかり置き忘れたつるはしがあるのに気がついた。
「ハンスと結婚して、子どもが生まれ、その子が大きくなって、
この地下室へビールを取りに来る、
そしたらあのつるはしが、その子の頭に落ちてくるわ」
と、エルゼはさめざめと泣きだす。
すると、親たちや下男たちも、心配が伝染してさめざめと泣きだしてしまう、
という、笑い話なのだが。

はい、こんなかしこいエルゼにならないよう、
えむちゃんが転落しないための方策を考えましょう。
家具の角には、クッション材を張りましょうね。

それにしても、えむちゃんが大人になるころ、日本はどうなっているんだろう。
あいかわらず与党政権がやりたい放題なんじゃないか。
「合法的に」残業代を出さない職場で、死ぬまで働かされるんじゃないか。
カジノが日本中のあちこちに出現して、
怪しげなやつらがうろつき、かわいいえむちゃんを連れていくんじゃないか。
さらに、戦争が起こり、徴兵制があり、
えむちゃんにまで「赤紙」が届くんじゃないか・・・。

これは笑えない。
エルゼのように、先を読み過ぎるくらいがいい。
大人の責任として、危ない「つるはし」は、とっとと片づけなくちゃね。
日本中のえむちゃんが、なんの心配もなく育っていけるように。

      えむ②


         
スポンサーサイト


<<物語の吸引力って | BLOG TOP | キメラ、お疲れー。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR