金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

乗ることを楽しむために、乗る

  1. 2018/07/08(日) 15:57:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先月、草間彌生展に行ったことは、ブログに書いた。
一泊二日のこの小さな旅には、もう一つ目的があった。
それは、「HIGH RAIL 1375」という、
信州の小海線の特別列車に乗ること。

電車

小淵沢を10時半に出発、小諸まで2時間かけて、のんびり走る。
「佐久の大地の花束ブランチ」とボトルのお茶付きだ。

弁当
 
このお弁当、地元産の食材で作られた、オシャレでヘルシーなもの。

窓の外は、手が届きそうな緑。

車窓

座席はこんなにゆったり。 車内

ああ~、くつろぐ。心と体が喜んでいる。
目的地までの移動手段ではなく、
ただ乗ることを楽しむ。
電車好きとしては、とほうもなく贅沢な気分がする(個人の感想です)

ふと、2004年から2010年まで、
日本の空を運行していたドイツ製の飛行船「チェッペリンNT号」を思い出した。

300px-Zeppelin_NT_in_Kansai_airport_Osaka,JAPAN
(画像は、ウイキペディアからお借りしました)

妄想がふくらむ。
【今や、飛行船の旅が当たり前の時代。。 
ぎゅうぎゅう狭いところに押し込められる飛行機より、大人気!
大空をのんのんと、
地上の遺跡や大自然を見下ろすことが目的の旅はいかが?
海上の豪華客船並みのくつろぎをどうぞ】
な~んてね。
そんな時代だったら、どんなに楽しいことだろう。
ドイツに帰ってしまった飛行船が、とてもとてもなつかしい。

さて、電車。
信州の里山をトコトコ走る、長野と塩尻を結ぶ篠ノ井線もいい。
松本の友人のところへ行くときはいつも、長野から各駅停車で行く。

     景色

姨捨駅からの眺めは絶景だ。
「田毎の月」で有名な棚田や千曲川が見える。

   姨捨

オマケのように楽しいスイッチバックもある。
目的地に向かいながらも、乗ることを楽しんだ。
スポンサーサイト


<<キメラ、お疲れー。 | BLOG TOP | メイさん、ジュリちゃん>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR