FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

アイヌ文化がちょっとしたブームって、知ってた?

  1. 2018/06/24(日) 17:49:08_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝日新聞の6月18日の「天声人語」はうれしかった。
アイヌ語による車内放送を、北海道日高地方を走る道南バスで始めたというのだ。
記事によれば、
「チウレンカレㇷ゚ ウイナヤン」整理券をお取りください
「イヤイライケレ」ありがとうございました
などのメッセージがあるそうだ。いいなあ!

『ゴールデンカムイ』(野田サトル著。「週刊ヤングジャンプ」集英社にて連載中)
が快調だ。

カムイ (1)

画像の表紙イラストは、アイヌの少女アシㇼパちゃん。
かっこよくてかわいい! となりは、エゾオオカミのレタㇻ。
2018年「手塚治虫文化賞 マンガ大賞」を受賞している。
テレビアニメにもなり、現在放送中だ。
明治時代末期の北海道を舞台にした冒険活劇(けっこうスプラッタ)なのだが、
特筆すべきは、アイヌの少女が副主人公で、アイヌの人々の暮らしぶりや言葉が
ていねいに正確に描かれていること。
それもそのはず、千葉大学教授の中川裕先生(言語学者、アイヌ語研究者)が監修している。
アイヌ語のセリフが、字幕付きで流れてくるアニメって、
日本初じゃないかな。

アイヌは日本の先住民族なのに、文化も言語も
知らなさすぎるよねえ。もちろん、わたしを含めて、だ。
それについては,昨年10月のこのブログにも書いた。

そこでも書いたけれど、アイルランドの第一公用語は、「ゲール語」。
第二公用語が、英語。
ゲール語はケルト民族の言語だが、この言語で会話できる人は、
今では人口の1%も満たないという。
それでも、民族のルーツとしての言語を、一番に持ってくるこの誇り。

うん、日本人だって誇っていい。
ヤマト民族とは違う成り立ちと文化を持つ民族が、
日本の国土にいることを。

第一とはいわないけれど、アイヌ語が第二公用語になったら・・・
日本を見直しちゃう。

アイヌ語や文化に興味のある方、
わたしの『知里幸恵物語』(PHP研究所)の監修協力をしてくださった、
成田英敏先生のマンガ「アコㇿコタン」を見てね。   

   カムイ (2)


Webコミックアクションで、連載中! 
美しい人物デザインと涼やかな自然描写、楽しそうな暮らしぶりが魅力です。
スポンサーサイト





<<メイさん、ジュリちゃん | BLOG TOP | 初めて見るのに、知っている>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR