FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

知ってしまったら、元には戻れない

  1. 2018/06/03(日) 16:50:56_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『さよなら、田中さん』鈴木るりか・作 西原理恵子・絵 小学館
を読んだ。
田中さん

6年生の花ちゃんのうちは、シングルマザー。そして、いわゆる貧困家庭だ。
それでも、建設現場で働く母は、ガハハと明るくビンボー暮らしを笑い飛ばし、
花だっていつも元気。友達にも信頼されている。

物語には、「今」がいっぱい。
友達の前に、離婚して去ったその友達の父が突然現れたり、
お母さんが再婚を考えたり、
ヒッキーになってしまった大家さんの息子やら、
クラスのなかで痴漢よばわりされてしまった男の子やら、登場する。
そのなかにあって、花ちゃんはいろいろ考え悩むが、
それがものすごく自然体だ。

こういう物語って、ひと昔前だと「ケナゲ感」満載だったり、
ちょっと前だと「ヒリヒリ感」が出てたりするけれど、
どっちも違う。
みずみずしく笑える(「カラッと笑える」のとは、ビミョーに違う)。
泣けてきちゃうのに、「泣かされた」感がない。
 
この物語はかなりの話題作だから、知っている方も多いだろう。
作者は、2003年生まれだ。今、中学二年生。
執筆したときは小学生だった。
うーーむ、舌を巻きすぎて、ぐるぐる三重巻きになってしまった。
世界の作り方、表現の押さえ方、人物の描き方、どれも見事。
最後の章の語り手は、クラスの男子になっている。
これにより、花ちゃん母子のイメージがさらにくっきりしたし、
物語に重みと余韻を与えている。この構成にもびっくり。

「中学生作家」ということを知り、読んだのだが、後悔した。
中学生ということを知らずに、読みたかった。
違う感想になったのだろうか? 
それでも、やっぱり舌はぐるぐる巻いただろうか?
たぶん、巻いただろうな。

こちらも、小学生ちゃんの絵本。
『一日だけうさぎ』原知子・作 こばようこ・絵 くもん出版
 
     うさぎ

 「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」の最優秀作品が絵本化されたものだ。
その町には、一年に一度だけ住民全員がうさぎになってしまう日がある。
学校でもみんな、うさぎの姿。
学校のうさぎ小屋のうさぎたちと話ができて、「待遇改善」を求められたり、
授業は体育ばかりだったり、人間目線とは違う一日を過ごす。
物語の終わりは、こんな文章。
「まいとし、うさぎの日がおわると、町がまえよりずっといい町になっている。
わたしはこの町がだいすき!」
なんて素敵、こんな町に住みたいなあ。
うさぎになりたいよ~~~!

作者の原知子さん、これを書いたのは小学校三年生のとき。
かわいくてほろっとさせるこのセンス、すごいねえ。
これも、小学生ということを知らずに読みたかったなあ。

藤井聡太くんだけじゃない。天才は育っている。
スポンサーサイト


<<梅雨を乗り切る色 | BLOG TOP | 障がいを克服するって? >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR